TPO・着用シーン普段着、花火大会 など
有名なもの ※染・メーカーなど竺仙、しじら織 など

浴衣をきれいに着るポイント

たたまれた浴衣

気軽に着ることができそうな浴衣ですが、着姿をきれいにみせるには、知っておいたほうが良いこともあります。着崩れなどで困ることのないように、ここで紹介するポイントを参考にしてみてください。

浴衣を着る前に…

浴衣を着る時は、着物と同様に全身の状態を確かめながら着られるように鏡の前に立つようにしましょう。また、薄い色柄の浴衣や麻などで透ける素材のものを着るのであれば浴衣用の襦袢を身につけると安心です。

浴衣をきれいに着るためには、着崩れをしないことが大切です。そのためには補正がとても重要になります。着物は洋服と違って直線が多いので、体の曲線に合わせて着ると生地に無理が出てズレやすくなります。

そこで、和装用もしくはスポーツブラジャーを使って胸の部分を平たくします。次にタオルやサラシ、補正着などでウエスト周りの体型をフラットにします。

こうすることで紐を締めた時にも緩みにくくなります。また着付け用のベルトや、伊達締めなどを使うことでさらに帯位置を安定させることができます。

浴衣姿をきれいにみせるために…

着替えが終わったら全身をチェックしましょう。前の襟元は左右対称で、ノドのくぼみが少し見える位置で合わさっているくらいが最も見栄えがよくなります。

襟の後ろの部分を抜くことを衣紋抜きと呼びますが、手のこぶしよりも少し小さいくらい開いているのが、適度な抜きです。開きが少なすぎると窮屈に見えますし、多すぎるとだらしなく見えたり着崩れの原因にもなってしまいます。

そして、背中の中心に縫い目がきているか、余分なシワができていないかを確認します。シワがある場合は、左右に伸ばし、中心に背縫いの線が来るように整えましょう。

それから、帯の位置が高すぎたり低すぎたりしていないか、おはしょりに余分なシワができていないかを確認します。おはしょりは上下左右に引っ張って、下のラインがまっすぐになるように整えるときれいに見えます。

裾は下前が見えないように上前と揃っていることも大事ですが、くるぶし辺りで帯から下のラインがすぼまっていることも同じくらい大切なポイントです。裾の端っこの褄(つま)は、少し上げて着るのが慣わしです。

最後に帯の形が整っていること、紐がきつすぎたり緩すぎたりしないかを確認します。また、歩く時は内股気味にすると美しいですし、座る時にも浅く座るように心がけることで着崩れもしにくくなります。

かわいい浴衣の帯の結び方

浴衣の帯

浴衣の帯結びには、たくさんの種類がありますが、基本は半幅帯を使った一文字と呼ばれる蝶々結びに似た結び方をします。

これを発展させて、蝶々の羽根の部分を片方垂らすと片流しになり、両方の羽根を下に折ると文庫という形になります。そこから変形して片花文庫にするなど、古典的な結び方にもいろいろなアレンジ方法があります。 難しい場合は、すでに結んだ形に整えてある作り帯を使う方法もあります。

現代的なかわいさを求めるのであれば、帯揚げや広幅のオーガンジーのリボン・スカーフなど、別の布地をつけ足したり、ピン、ゴム、ブローチなどを使って帯を大きく華やかに飾ったりするのもおすすめです。

近頃はビーズやレースのついた帯締めなども売られていますので、さらにかわいくアレンジすることもできます。浴衣の帯はカジュアルなものだからこそ、自分だけのおしゃれを楽しむためのアレンジができます。

浴衣の「おはしょり」ってなに?

浴衣の帯、おはしょり部分

おはしょりとは浴衣や着物の着丈よりも余分に長い部分のことで、帯の下にたくし上げて裾の長さを調整するための折り返しのことです。

身分の高い女性たちが、お屋敷の中を引き摺って歩いていたゆとりの部分を、外出の際に汚れないようにと裾をあげて紐をかけたのが始まりです。

着付けの際には、帯の下できれいに折りたたんでまとめますが、帯から下に6cm前後を出して着ると、美しく見えると言われています。おはしょりは裾部分の生地が傷んで切り取った時に丈を下ろして補う役目も担っています。

他にも襟元が緩んでズレてしまった時に、引っ張って整えるのにも役立ちます。

おはしょりが長い時の直し方

おはしょりが長すぎる時は一般的に腰ひもで対処します。二本の腰ひもを使う場合は、通常の位置で締めるひもと、帯に隠れる範囲の上方にひもをかけます。ひもの高さの分だけおはしょりを短くできます。

また、おはしょりの裾の部分をまっすぐに揃えてから余分な部分を上に上げてたたみ、伊達締めで抑える方法もありますが、こちらは一人でまっすぐに整えるのは難しいという難点があります。一度浴衣を着てから、おはしょりの部分を待ち針で止めて縫ってしまうという方法も有効です。