TPO・着用シーン紋付き袴なら第一礼装として着用、それ以外は普段着や洒落着として着用するのが一般的です
有名なもの ※染・メーカーなど大島紬、結城紬、牛首紬、黄八丈 など

男性が着物を着るのはどんな時?

結婚式で着物を着る男女

男性が着物を着るのは、主にお正月や七五三、お祭りなどの行事、よそ行きやちょっとした改まった席への参加などの場合が多いようです。さらに式典や冠婚葬祭などのフォーマルな場に出席する時の礼装として着たり、日常生活で普段着として着られる方もいらっしゃいます。

「なんだ、着物はいつでも着られるのか」と思われるかもしれませんが、場所や目的によって着るべき着物の種類が異なるため、注意が必要です。基本的に着物は家紋が付いているかいないかで分けられ、家紋の付いた紋付き袴は礼装として、それ以外は普段着やおしゃれ着として着用するのが一般的です。

紋付き袴は家紋の付いた着物と羽織り、下に袴をはきます。紋付き袴にも黒色かそうでないかの2種類に分かれています。

よく結婚式やお葬式で見られる黒い紋付き袴は、「黒紋付き」または「黒紋付き羽織袴」といわれ、礼装の中でもさらにフォーマルな第一礼装として扱われます。黒以外の紋付きの着物は「色紋付き」と呼ばれ、一般礼装や略礼装として扱われます。色紋付きは、主にパーティーやお茶会などで着用します。

家紋の付いてない着物は、普段着やおしゃれ着として使用します。普段着では着物に帯を締めたスタイル、外出する際は、着物の上に羽織りを着るスタイルが多いようです。

いつ着物を着たいかによって着物の種類が異なるため、自分が着る時を考えて揃えるようにしましょう。

レンタルできる男性着物

着物を着たカップル

最近では、「普段着物を着る機会はないけれど、イベントごとやよそ行きに着物を着たい」という男性に向けて、レンタルで借りれるようになりました。

着物のレンタルといえば、特に京都でよく見られます。京都の街並みを着物を着て歩くのは、洋服で歩くよりもぐっと風情が出ます。夫婦やカップルで着物をレンタルして、京都観光を楽しむことも増えています。

京都のレンタル着物屋では、予約をして当日手ぶらでいけば、その場で肌着から足袋までフルセットの着物を貸してくれ、さらに着付けまでしてくれるところもあります。着物を着て観光を楽しみたいという時は、ぜひ着物のレンタルを試してみてはいかがでしょうか。

さらに、京都だけに限らず、日本全国に着物を貸し出してくれるレンタルショップもあります。多くが箱に入った着物のセットを自宅まで届けてくれ、返却は自宅やコンビニから行うことができるようになっています。自分で着やすいように、帯がマジック。テープで止めるだけになっているなどの工夫もされており、とても便利です。

初心者でも10分程度で着られるように着方の動画を用意してくれるところもあります。単衣、袷、夏物、浴衣など季節に合わせた着物があり、サイズも身長や体型に合わせて選択できるところがほとんどです。

レンタルショップでは、自分が着たいと思える着物がなかったり費用が少々割高であったり、ということもあるかもしれません。しかし、着物を着たいけれど購入するほどではないとお考えの方や、購入前に1度着物を着てみたいという方に、レンタル着物はおすすめです。