TPO・着用シーン種別によりますが、加工して着用したり、美術品としてコレクションする方もいます
有名なもの ※染・メーカーなど江戸縮緬 など

アンティーク着物の魅力について

アンティーク着物を着た女性

アンティークの魅力はなんと言っても今の時代には見られない古き良きデザインでしょう。着物が主流だった頃の柄や色使いには、その時代の魅力が詰まっています。

また、経年劣化によって小慣れた風合いが出ているのもアンティーク着物ならではのポイントです。そして、こうしたアンティーク着物で身を包むだけで昔に立ち返ったような気分になれます。

昔のものを着て、昔ながらの町を散歩するだけでも、その時代の人々と同じ感覚になれるような気がします。明治、大正、昭和のハイカラやロマン、モダンスタイルなど、昔の流行を肌で感じることができるのもアンティーク着物の魅力の一つでしょう。レトロファッションが流行している現代で、本物のレトロを楽しむのも趣があってよいのではないでしょうか。

また、リーズナブルな価格も魅力の一つです。新品のものを購入しようとすると、どうしてもお値段が張りがちですが、選び方や種類によっては1万円以下で購入することもできます。

振り袖などの高価な着物も新品だと約30万円以上しますが、高級なアンティーク着物を避ければ10万円以下に抑えることもできます。

おしゃれなアンティーク着物を探すには?

アンティーク着物

アンティーク着物専門の呉服屋もあるほどで、一部の希少なものを除いてアンティーク着物はそこまで珍しいものではありません。

まずは、インターネットで「アンティーク着物 販売」と検索してみてください。ご自分の住んでいる地域にアンティーク着物を扱う呉服屋さんがあったら足を運んでみましょう。

また、呉服屋さんが立ち並ぶ京都や浅草などで探すと数多くの着物を見ることができ、自分の気に入る着物に出会える確率も高くなります。

なかなか足を運ぶことが難しい方は、通販で購入することもできます。「アンティーク着物 通販」で検索してみてください。通販なら一度にたくさんの種類を見ることができるので、探す手間もさほどかからず、よりよいものに出会える確率も高まります。

アンティーク着物を購入する際の注意点

アンティークを購入する際は必ず着丈を確認し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。昔の女性は背の低い方が多かったため、着物も着丈が短いものが多かったことからアンティーク着物もサイズが小さめのものが多い傾向にあります。

特に通販で購入を検討されている場合は必ず寸法を確認するようにしましょう。

着物は背丈と同じ寸法のものが理想ですが、マイナス15センチ程度までなら違和感なく着ることができます。その程度までなら試着をして決めるのもよいかもしれません。逆にサイズが大きい場合は、お直しする必要があります。そのため、お直しをしてくれる呉服屋さんがおすすめです。

また、着物のダメージも確認するようにしましょう。アンティーク着物は基本的に年月が経っているため、色やけやシミ、虫喰いなどのダメージのあるものと、新品同様に綺麗なものでは値段が全く違ってきます。極端に安いものだと状態が悪いことも考えられるため、自分が着るにあたって問題がないレベルかどうかの確認は必須と言えます。

そして、着物はTPOに合わせてコーディネートや種類が変わってきます。着物と帯の間で歴史や格のギャップがあると組み合わせがちぐはぐに見えてしまいます。

また、アンティーク着物は仕立てられた状態のものを選ぶため、用途に合わせて仕立てることはできません。初心者であれば、用途別に分けてあったり、ニーズに合うものを見繕ってくれたり、コーディネートの相談に丁寧にのってくれたりする呉服屋さんでの購入をおすすめします。

アンティーク着物の楽しみ方

アンティーク着物の楽しみ方は無限に広がっています。手持ちの小物との合わせ方一つをとってみても、お気に入りの小物をベースに着物を選ぶことができますし、着物の色味に合う大ぶりなアクセサリーなどもアクセントになります。あえて洋物の小物を身につけることで、和洋の融合を表現することもできます。

またアンティーク着物は、着物が主流であった時代のものなので、デザインが控えめのものも多く、現代のものよりも普段着に取り入れやすいと言えます。

そのため、普段着として楽しんでいる方も大勢います。さらに、美的・歴史的に価値のあるものアンティーク着物であれば、コレクションとして集めたり、きじ生地を生かして小物や敷物に加工したりすることもできます。

このように自分に合った楽しみ方を実践できるのもアンティーク着物の魅力でしょう。