TPO・着用シーン紅型などは染により種別が変わるため、一概には言えませんが、琉球系の紬は紬と同じような扱いとなります
有名なもの ※染・メーカーなど紅型、藍型、花織、喜如嘉の芭蕉布 など

特徴的な琉球紅型の模様について

琉球紅型の柄

沖縄を代表する伝統的な染物「紅型(びんがた)」は、鮮やかな色彩と繊細な文様によって、青い海と空、まぶしく輝く太陽、色とりどりの花々や植物、躍動する鳥や魚などが描かれています。沖縄の豊かな自然と生命力を感じられるその美しさには、思わず目を奪われます。

紅型の起源は13~15世紀頃の琉球王国にさかのぼり、かつては王族や士族といった身分の高い人々だけが着用を許されていました。古典紅型の柄には鳳凰や龍、鶴などといった沖縄文化からは少し遠いものも多く登場しますが、これは当時の交易相手であった中国や日本本土の伝統的な図案からの影響だと言われています。そこへ沖縄独自の自然や風物が徐々に取り入れられ、新しい文様が誕生しました。

一般的な染物には染料が使われますが、紅型は主に顔料で染め上げます。顔料は粒子が大きく不溶性で布に染み込みにくいので、発色はよいものの、染料に比べて染まりにくい特徴があります。

しかし耐光性が高く、太陽光に非常に強いため、沖縄の強い日差しの中でも日焼けや色褪せが発生しにくく、鮮やかな色彩が長持ちします。沖縄の環境に適応してきた着物ということができます。

このように琉球王国の繁栄とともに開花し発展した紅型は、伝統の技術に新しい感性を取り入れながら、今も多くの人に愛され続けています。

琉球紅型はどんな時に着る着物?

紅型は、染め方によって種別が変わるため一概には言い切れませんが、どちらかと言えば普段着や部屋着の部類に入るカジュアルな着物です。柄によってはセミフォーマルとして着られるものもあります。

教会や大きな式場などで盛大に行うような、格式ばった結婚式では避けるべきですが、レストランウェディングなど、今どきの少しカジュアルな式であれば大丈夫でしょう。

ほかにもカジュアルなパーティーやコンサート、お見合い、お食事会など、おしゃれ着として活躍の場がたくさんあるのが紅型です。

紅型など琉球系の紬は、一般的な紬の着物と同じような扱いと考えるとよいでしょう。婚礼や訪問着などのようにフォーマルな場で正装として着用するよりも、普段着としてカジュアルに使用する場面が多い着物になります。

琉球紅型や花織、藍型などの値段の相場について

一般的な着物類と同様に、琉球紅型や花織、藍型などの沖縄着物も、種類や製法、作者によって幅広い価格帯になっています。

ポリエステル製の廉価品などリーズナブルなものでは、2万円を切る価格帯で販売されていることもあります。著名な職人や人間国宝による作品など、最高級品になると数十万~数百万円の価格がつきます。

また、中古市場でも人気の商材で、ネットオークションやフリマサイトなどにも多数の中古品が出品されています。中古の場合は当然ですが新品よりも価格は安くなり、商品によっては数千円程度で購入できるものも多数あります。

中古品に抵抗がなければ、思わぬ掘り出し物に巡り合えるかもしれません。

こんなにある琉球紅型を使った商品

琉球紅型のシュシュ

琉球紅型の華やかで鮮やかなデザインと独特の技法は着物だけにとどまらず、幅広いジャンルの商品で人気を博しています。ここでその一部をご紹介します。

服飾品…アロハシャツ、エプロン、バンダナなど 履物…下駄、草履、スニーカーなど ファッション小物…シュシュ、ペンダント、櫛、かんざし、バレッタ、巾着など 文房具…便箋、レターセット、ノート、ボールペンなど、 カバン類…トートバッグ、ショルダーバッグ、手提げ袋など その他雑貨など…財布、扇子、タペストリー、キーホルダー、など

このように、幅広いジャンルから数えきれないほどの商品が販売されています。

もちろん、ここでご紹介したもの以外にも、まだまだ琉球紅型の技術を活かした商品は多数あり、「琉球紅型のデザインは好きだけど、着物を買うのはちょっと……」という方でも、気軽に手にできる様々なグッズが販売されています。沖縄のお土産屋さんはもちろん、インターネットの通販サイトにも紅型グッズを扱っているショップは多数あります。

特に、扇子や文房具関連の商品は日常で使用していても不自然ではないのでおすすめです。紅型グッズをお手元に置いて、沖縄のエネルギッシュな風情を生活の様々なシーンに取り入れてみるのも楽しいのではないでしょうか。