TPO・着用シーン観劇、クラス会、茶会、軽いパーティー など
有名なもの ※染・メーカーなど江戸小紋、友禅全般

小紋は普段着として着てもいい?

小紋は、色や絵柄の種類、大きさなどにバリエーションがある着物です。柄には古典調のものから、生活の道具などをテーマにしたユーモラスなもの、現代的なものなどもあります。生地も絹だけではなく、木綿や紬などが使われます。

洋装でも水玉、チェック、花柄などのプリントを楽しみますが、同じように和装の普段着や街着として楽しめる着物が小紋です。

さらに和装の場合は帯や帯揚げ、帯締め、半襟などの組み合わせで大きく雰囲気が変わります。気軽な外出はポップな色使いで、お茶会などでは抑えめに、というような組み合わせができるのも着物の装いの楽しみです。

ただし、単色で繊細な柄の江戸小紋に紋をつけたものは準礼装で、軽い雰囲気の場には向かないため注意が必要です。

よく聞く江戸小紋ってどんな着物?

麻の葉紋様

江戸小紋は、一色の絹地に細かい模様が規則的に配列された柄が特徴です。起源は室町時代ごろと考えられています。

その後江戸時代に、武士の礼装、裃(かみしも)の柄に取り入れられて大きく発展しました。藩ごとに異なる柄を定め裃にその柄をつけて、参勤交代で集まった大名がどこの藩の人間か一目で判別できるようにするのが目的で、この柄が「定め小紋」です。

当初は大柄な模様の紋もありましたが、諸藩が模様つけの豪華さで覇を争うようになったため幕府が規制を加え、細かい小紋柄を武士の公服にしました。そのため、一見無地に見えるような細かい模様を入れるようになり、そこに染めや型彫りの技術の競い合いが生まれ、細かい柄を染める江戸小紋の技が完成されたのです。江戸小紋は武士の服装に由来するため、格式が高いとされています。

江戸中期になると小紋が庶民にも広まり、野菜や動物など身近なものを柄にして楽しむようになりました。華美な服装を禁止するおふれが幕府から何度も出されましたが、そのたびに、さらに柄を細かく密に配列して染め上げる技法が発展しました。

小紋の柄について

江戸小紋の代表的な柄に「江戸小紋三役」と「江戸小紋五役」があります。最も格上とされる三役は「鮫(さめ)」「角通し(かくどおし)」「行儀(ぎょうぎ)」の3種類です。

最もよく知られている代表的な柄の「鮫」は徳川第8代将軍吉宗の生家、紀州藩徳川氏の定め小紋で、細かい扇状の斑点が重なり鮫の肌のように見えるためこの名があります。「角通し」は信濃戸田家の定め小紋で、細かな正方形を規則的に並べた柄には、縦にも横にも筋を通すという意味があります。「行儀」は仙台藩伊達氏の定め小紋で、細かい点が斜め45度に並んでおり、お辞儀で体を曲げる姿に由来しています。

この三役に「大小あられ」「縞」を加えた五役がフォーマルな席でも使える柄とされています。

江戸中期以降に庶民の間に広がった「いわれ小紋」は、動植物や身の回りの品や文字を図案化した、武士の定め小紋にはないユニークな柄が特徴です。

日本を代表する染色技法の「友禅」は糊を防染剤として使い、色がにじまず発色するように工夫されていますが、京小紋はこの京友禅と江戸小紋の型染めの技法が融合して発展しました。抽象的で幾何学的な柄の江戸小紋に比べ、柄が大きくはっきり描かれており華やかな雰囲気を醸し出しています。

石川県で発展した加賀小紋は京小紋の影響を受けており、加賀五彩と呼ばれる色を使った華やかな模様のものが多くなっています。また加賀前田家の裃の文様に由来した小紋もあり、こちらは江戸小紋の影響を受けています。

小紋の染技法「型染め」について

江戸小紋は「型染め」という技法で染められます。白い生地を板に張り、その上に模様を彫った型紙を置きます。

そして、型のくぼみの部分に糊を塗りつけます。型紙の幅は20~30センチですから、1反(約12.5メートル)を染めるためにはこの作業を数十回繰り返すことになります。もちろん模様が途切れないよう、細心の注意を払って継ぎ目を合わせなくてはならないため、集中力と体力と緻密さが必要な大変な作業です。

型付けの後は生地を乾かし、今度は地染めを行います。地染めの色糊を洗い流し、蒸気でシワを伸ばし幅を整え、最後に全体をよく見て染めムラや染め残しがあれば筆や刷毛で修正して仕上げとなります。

この型染めに使う「伊勢型紙」は、柿渋で加工した和紙に彫刻刀で文様や図柄を細密に彫ったもので、江戸時代には紀州藩から保護を受け現在の三重県白子町付近で大きく発展しました。

21世紀の今では江戸小紋の型染め職人も、繊細な小紋の型染めを可能にした伊勢型紙の職人も担い手が少なくなり、貴重な伝統技法をどう守っていくかが大きな課題となっています。