TPO・着用シーン成人式、謝恩会、卒業式、披露宴など
有名なもの ※染・メーカーなど加賀友禅、京友禅、東京友禅 など

成人式で振袖を着るには

成人式の振袖を着た女性たち

成人式に振袖を着たいとお考えの方は多いのではないかと思いますが、どこで用意をするのか、着付けはどうすればいいのかなど悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず振袖の準備として、購入かレンタル、家族の振袖の再利用などが考えられます。家に振袖がない場合は、購入かレンタルかのどちらかになりますが、それぞれに特徴があります。

購入する場合

購入のメリットとしては、「いつでも着られる、自分のサイズに合わせて仕立てられる、複数回着用する場合はレンタルよりも費用が安くなる、子供に残せる」といったことが考えられます。

反対にデメリットは、やはり費用の面です。レンタルと同レベルのもの、あるいはそれ以上のものを購入すると、レンタルするよりも当然価格は高くなってしまいます。

レンタルする場合

レンタルの場合は、帯や襦袢、草履など小物一式がセットになっているものが多く、購入よりも安価であるのが利点です。

振袖は未婚の女性の礼装と位置付けられているので、持っていてもあまり着る機会がないという理由でレンタルにする方もいるようです。


このように購入もレンタルもそれぞれに利点がありますので、よく考えて自分に合った方法で用意をするのがいいでしょう。

また、親が振袖を持っている場合はそれを着る方も多くいます。しかし、古いものはシミ抜きやサイズ直しなどメンテナンスの必要があるかもしれません。

少なくとも1年前までには小物類も含めて保存状態を確認しておく必要があります。

着物の準備ができたら次は着付けやヘアセット、写真撮影の手配です。最近では、レンタル料金に組み込まれているものや購入時の特典サービスに含まれている場合もありますが、そうでない場合は、美容院やフォトスタジオなどに予約をしましょう。

振袖を購入する場合の相場について

振袖

振袖は、最近では20万円程で小物を含む一式セットを揃えられるものがある一方、流行柄や有名作家の作品となると、100万円以上する高額のものもあります。

また、正絹か化繊といった素材の違いや、友禅染めなど染色工程の違い、また販売方法によっても価格が大きく変わってきます。

値段にとても幅がある振袖ですが、全国平均では一式セットを30万円から40万円前後で揃える方が多いようです。昭和のバブル期では、振袖1着を50万円から100万円以上の値段で購入していた方も多く、その頃に比べると価格が大きく下がっていることがわかります。

振袖を着る時に揃えたほうが良いもの

振袖を着る際に揃えるべきものはたくさんあります。

肌襦袢・着物スリップ・長襦袢・衿芯

まず、肌着として必要なものが、肌襦袢や着物スリップです。これは着物に汚れが付くのを防ぎ、寒い日には保温効果もあります。そして、その上には長襦袢を着ます。このとき、長襦袢に付ける半襟と、衿の形を作るのに衿芯も必要です。

腰紐(3本)・伊達締め(2本)

振袖を着る際には、襟元がはだけないように腰紐を用意しましょう。長襦袢や振袖、仮紐用に3本用意をします。下帯には伊達締めを使用します。ここでも長襦袢と着物に使用するので、最低でも2本は必要です。

コーリンベルト・三重紐・タオル

そのほかに、襟元を整えるコーリンベルトと帯結びのための三重紐があると便利です。着付けの際には形を整えるのにタオルを使用するので、あらかじめ用意をしておきましょう。

丸帯・帯板・帯揚げ・帯締め・伊達衿

振袖に使用する帯は、丸帯か袋帯です。その下には帯板、帯揚げ、上には帯締めをします。長襦袢にと振袖の衿には、伊達衿が必要です。

ショール・草履・髪飾り・足袋・バッグ

首に巻くショールや、草履、髪飾りを用意します。草履を履くので足袋も用意します。バッグには、和装に合った帯地のものなどを選びます。

振袖のクリーニング方法

ハンガーにかけられた振袖

ハレの日に使用した大切な着物はお手入れにも気を配りましょう。

振袖は一度着てすぐにクリーニングに出す必要はありませんが、次回使用するまでに何年も期間が空いてしまうと、汚れが染み込んでしまいます。

まず、自分でできるお手入れや汚れのチェックをしましょう。

よく陰干しをして、汗や皮脂を取り除きます。着物専用のブラシでホコリをはらいます。このとき、襟元や袖口、裾などに汗や雨のシミ、食べ物などの汚れがないか丁寧にチェックしましょう。

もし、シミが見つかった場合は、できるだけ早くシミ抜きをする必要があります。

着物をクリーニングに出す際は、洋服とは違う特別なクリーニングが必要になるので、着物専門のクリーニング店を利用することをオススメします。洋服と同じ溶剤で一緒に洗ってしまうと着物が劣化してしまうことがあります。

着物のクリーニングには「洗い張り」「丸洗い」の2種類の方法があります。

洗い張りは着物の縫い目を全てほどいて反物の状態に戻してから洗います。汚れが全体に広がっているときはこの方法で再度仕立て直しをしますので、費用と時間がかかります。

丸洗いは、着物をそのまま丸ごと着物専用の機械でドライクリーニングをする方法です。

もし、ほかに汚れがなくシミだけを取りたい場合は、部分的シミ抜きを依頼すると生地の劣化もなく、費用も安く済みます。

着物専門のクリーニング店では、最初にシミや色焼け、スレなど汚れを細かくチェックしてから、汚れの種類に合わせて下洗いやシミ抜きをしていきますが、仕上げの工程はお店によってさまざまです。気になる汚れがある場合は一度お店に相談をしてみましょう。

着物クリーニング店は宅配サービスを受け付けているところも数多くありますので、近くに店舗がない方は上手に活用しましょう。