今さらだけど「振袖」ってどんな着物?

成人式で振袖を着た女性達

振袖は袖丈の長い着物で、由来は「歩くと長い袖が振れる (揺れ動く)から」とされています。

この袖の振れは、袖と身頃(みごろ)をほとんど縫い合わせずに袖を独立させている形状からきています。

また振袖は、胸元から袖や裾にかけて華やかな柄が入っているのが特徴です。

現代では未婚女性が着用する最も格式の高い礼装として位置付けられています。

振袖は格式高い着物

振袖の胸元

振袖には大振袖、中振袖、小振袖の3つの種類があり、袖の長さによって着用シーンが変わります。

袖丈は大振袖が三尺以上(113cm前後)、中振袖は二尺五寸(95cm前後)、小振袖は二尺(75cm前後)です。

また、振袖の格は袖が長いほど高くなり、一番長い大振袖は結婚式で新婦が着用するのが一般的です。

結婚式で使用される振袖は裾も引きずるほど長く、引き振袖と呼ばれることもあります。

振袖の中でも黒い引き振袖が一番格式高いとされ、神前式で着られます。

中振袖は成人式用として着用する場合が多く、袖が足首ほどの長さで立ち姿が美しく見えます。

振袖の成人式以外での着用シーンとは

大振袖は婚礼衣装のお色直しとして着用されています。

結婚式では新婦が大振袖を着るため、ゲストは中振袖を着るのがマナーです。

また、結婚式の主役は花嫁なので、中振袖を着るときは色がかぶらないように確認しておくと安心です。

小振袖は袖が短いので袴に合わせられ、卒業式や謝恩会などのフォーマルで着られます。

小振袖は舞台鑑賞、お茶会など様々な場面で重宝します。

TPO・着用シーン成人式、謝恩会、卒業式、披露宴など
有名なもの加賀友禅、京友禅、東京友禅 など

成人式ではこんな柄の振袖がおすすめ!

振袖着物

振袖によく使われている柄は、女性の華やかさや幸せを願う「花文様」とおめでたい柄の「古典柄」があります。

現在ではモダンな柄や色の振袖も多く出ていますが、花文様と古典柄は振袖で人気の柄なので、どのような種類があるかを一部ご紹介します。

花文様の種類

椿

椿は「草花文(くさばなもん)」の一つで、花弁が少なくシンプルなデザインです。

椿文の種類は、遠州椿、籠目に椿を描く籠目椿、枝についた椿を描いた枝椿などがあります。

薔薇

薔薇(ばら)は様々な色で描かれており、色によって意味が違います。

赤は「愛、情熱」、青は「奇跡、夢が叶う」、ピンクは「上品、淑やか」、白は「清純、尊敬」、黄は「可憐、友情」などです。

牡丹

牡丹(ぼたん)は小さなつぼみから大きな花を咲かせることから富と成功を表します。

平安時代から衣装の文様として縁起が良いとされている吉祥文様(きっしょうもんよう)の一つです。

振袖には大胆にかつ大ぶりに描かれます。

桜は多くの草花が芽吹く春を連想させるので、縁起のいいことの始まりで豊かさを意味します。

古典柄の種類

吉祥文様

吉祥文様とは中国から伝わった柄で、富や繁栄などの願いが込められています。

縁起の良いとされている動物や植物、祝い事に使う道具などの柄を描いたものです。

文様は数種類ありますが、例えば矢羽根を描き射った矢は戻らないことを意味する矢絣(やかすり)、繁栄を意味する扇(おうぎ)、連続した波を表した青海波(せいがいは)などがあります。

鳳凰

伝説上の生き物である鳳凰は平和な世界に現れると伝えられており、鳳はオスで凰はメスを表すことから夫婦円満の象徴ともされているようです。

  

松竹梅

松竹梅は古くからめでたさを表す柄です。

「松」は神が宿る木とも言われており、1年を通して枯れずに緑を絶やさないことから「不老長寿」、「竹」は寒さに負けずにまっすぐ伸びることから「成長」、「梅」は寒くても花を咲かせることから「女性の強さ」を表しています。

うさぎ

うさぎは飛び跳ねることから「飛躍」を意味し、子供をたくさん産むことから「子孫繁栄」の意味があります。

成人式で着る振袖を手に入れるにはどうしたら良い?

成人式に振袖を着たくても「どうやって用意をするの?」「着付けはどうすればいいの?」と悩む方もいらっしゃるでしょう。

振袖を着るには購入、レンタル、母や祖母の振袖を譲ってもらう方法が考えられます。

ここでは振袖を購入またはレンタルする場合のメリット・デメリットを説明します。

振袖を購入する場合

購入のメリットは、いつでも着られて子供に残せる、自分のサイズに合わせて仕立てられる、複数回着用する場合はレンタルよりも費用が安くなるなどがあります。

デメリットは、レンタルと同レベルの振袖やそれ以上の振袖を購入すると、価格が高くなってしまうことです。

また、最近では20万円ほどで振袖と小物を含むセットを揃えられる一方で、流行柄や有名作家の作品となると、100万円以上する高額品もあります。

振袖は正絹か化繊といった素材の違いや、友禅染めなど染色工程の違い、また販売方法によっても価格が大きく変わってきます。

値段はかなり幅がありますが、セットを30万円から40万円前後で揃える方が多いようです。

振袖をレンタルする場合

レンタル振袖は帯、長襦袢、草履など小物がセットになっているものが多く、購入するよりも安いことがメリットです。

振袖は未婚女性の礼装と位置付けられているため、持っていても着る機会がないからレンタルを選ぶ方もいます。

デメリットは、人気デザインの着物は早めに予約をしないと在庫がなくなってしまう場合があることです。

このように購入にもレンタルにもメリット・デメリットがありますので、よく考えて自分に合った方法で用意しましょう。

また、親が成人式に着た振袖を着る方も多くいますが、古い着物にはシミ抜きやサイズ直しなどメンテナンスの必要があるかもしれません。

少なくとも成人式の1年前までには、小物類も含めて保存状態を確認しておくのがおすすめです。