TPO・着用シーン戦前までは第一礼装として着用されていましたが、現在では花嫁衣装や舞妓さん位しか着用していません
有名なもの ※染・メーカーなど西陣全般、龍村平蔵 など

高い格式を持つ丸帯の歴史

丸帯

丸帯が誕生した江戸時代中期は、大きな争いがなく経済的にも余裕があったため、女性のお洒落が盛んになった時代でもありました。まず発達したのが髪結いの技術で、女性の髪型が豪華で大きなものへと変わっていきました。そして正装用の帯の幅、結びも女性の化粧や髪結いに見合うようにだんだん大きくなり、表裏両面ともに柄のある最高格の丸帯が誕生したのです。

しかし、戦後は動きにくい従来の装いよりも、動きやすさを大切にした軽装のファッションが流行するようになりました。それに合わせて着物も扱いやすく比較的安価な袋帯が一般に広く普及し、重い・固い・結びづらい・高価など様々な難点を抱えた丸帯は徐々に廃れていったのです。

現在では花嫁の本振袖(引き振袖)や白無垢、打掛、色打掛といった婚礼衣裳や芸者・舞妓の衣裳くらいでしか見かける機会もなくなってしまいました。帯としてよりも骨董品のような扱いで、「アンティーク帯」と呼ばれることもあります。

現在では、アンティークショップなどで時折見かけることはあっても、一般的な呉服屋さんで丸帯を見る機会はほとんどないかと思います。ですが依然として最上級の格式の高さを持ち、またその艶やかさや技術の高さは袋帯にも受け継がれています。

使わなくなった丸帯のリメイクについて

華やかで豪華絢爛な丸帯ですが、袋帯が主流となった現在では見かけることが少なくなったものの一つです。

ある種、時代遅れという感覚を持っている方もいます。そのため、丸帯を持ってはいるけれど使う機会がなく、眠らせたままになっている方も少なくないでしょう。「使う予定は特にないけど、どう扱えばいいのか分からない」「思い出の品を捨ててしまうのは何だか忍びない」 など、様々な気持ちがあると思いますが、せっかくの綺麗な帯をそのまま眠らせておくのは非常にもったいないことです。この先、帯として使う予定がないのであれば、思い切って帯以外のものにリメイクしてみてはいかがでしょうか。

丸帯の美しい柄は様々なリメイクで活躍しそうですが、気をつけなくてはならない点があります。

まず、丸帯はすべての柄が刺繍になっていて、これがリメイクをする際には意外な弱点になります。刺繍柄の布地の裏にはかなりの刺繍糸が出ているため、その始末が大変であることや、何より紫外線に非常に弱いため、外で使う普段使いの日用雑貨(カバンや履物など)にリメイクする場合、かなり気をつけて紫外線ケアをしないと簡単に色落ちしてしまうという問題が出てきます。

こうした特徴を考慮した上でリメイクを考えると、丸帯のリメイクの最も有力な候補は「家の中だけで使う、観賞用を兼ねたインテリア用品」などではないでしょうか。具体的には、クッションカバーやぬいぐるみ、敷物、小物入れなどです。

自分でうまくリメイクする自信がなければ、プロや業者に仕立て直しをお願いするという手もあります。もちろん、相応の料金はかかりますが「どうしてもこういう形にリメイクしたいという希望があるけれど、自分ではうまく作れる自信がない…」といった場合には、プロに依頼して希望通りのものを作ってもらうのも一つの方法です。

家にある丸帯は売れるの?

現在ではごく限られた場面・用途でしか使われなくなってしまったとはいえ、丸帯は依然として格式高く、造りも重厚かつ豪華絢爛です。その価値は決して低いものではありません。不要な丸帯や扱いに困っている丸帯があるのであれば、ただ眠らせておくのではもったいないと言えるでしょう。やはり伝統的な装いですので、たくさんの方に見てもらい、必要としている人に再び役立ててもらうことを念頭に置いて、中古品として買取を依頼するのもおすすめです。

買取方法

丸帯を売るには、着物や帯製品の買取業者に依頼する、ネットオークションやフリマアプリに出品する等、いろいろな方法がありますが、一口に丸帯と言っても品物によってその価値には大きく幅があります。

「丸帯の価値を正しく見極めてもらい」「納得のいく価格で売りたい」というのであれば、帯のみならず着物全般に対する深い専門知識を持っている方に、丸帯の本当の価値を査定してもらうようにしましょう。できれば、専門のスタッフがいる着物買取の専門店に依頼するのがおすすめです。

さらに出張買取や宅配買取を行っている専門店であれば、買取を依頼する際にわざわざ店舗まで重たい帯を持ち込まなくて済むため便利です。

丸帯をできるだけ高く売るためのコツですが、まず丸帯に汚れやシミなどが付着していないかよく確認してください。帯は、食事などの際、知らないうちに汚れてしまっていることもあります。着用するときは特に気をつけましょう。

保管方法

また、丸帯が傷まないように保管方法にも注意しておくとよいでしょう。保管する場所は、なるべく湿気が少なく風通しのよい場所が適しています。防虫剤を使用する場合は、帯に直接触れないようにして、1種類だけ入れるようにします。直接帯に触れたり、別々の種類の防虫剤を混ぜて入れたりしてしまうと、変色の原因になることがあるため、注意が必要です。