TPO・着用シーン準礼装から洒落着まで染か織、金銀糸の有無により変わります
有名なもの ※染・メーカーなど西陣全般、北村武資、喜多川平郎、龍村平蔵 など

フォーマルからカジュアルまで使い勝手のよい名古屋帯

名古屋帯

帯は長さや幅によって3つの種類に分けることができます。フォーマルな場面で使用される「袋帯」は長さ約4m30cm・幅約31.2cmであるのに対して、幅が半分の「半幅帯」は長さ約3.6~4m・幅17cmと規定されています。

袋帯は結婚式の留袖や成人式の振袖など格調高い着物に合わせることが多く、半幅帯は浴衣によく使われています。

そして、「名古屋帯」は長さ約3m60cm前後・幅約30.4cmで、袋帯と半幅帯の間の規格になっています。名古屋帯は、さらに帯芯を入れてから生地の端を折り、裏地を付けて仕立てる「九寸名古屋帯」と、生地の幅はそのままで帯芯を入れずに仕立てる「八寸名古屋帯」に分けられます。

九寸名古屋帯は素材や色柄が多彩で、紬や縮緬、塩瀬といった生地に柄を染めたものや刺繍が施されたものは比較的カジュアルに使用できます。一方で、西陣織で作られたものはフォーマルで活躍するなど幅広く締めることができます。

八寸名古屋帯は九寸名古屋帯よりも格下となるため、よりカジュアルな場面で使います。袋帯よりも扱いやすく、仕立てや素材、柄によってさまざまなシーンで活用できる使い勝手のよさが名古屋帯の魅力でしょう。

礼装として使用するならどんな名古屋帯?

名古屋帯はカジュアルな場面でも活躍するため、誤った格の帯を締めてしまうと失礼に当たります。では名古屋帯の中でも礼装として使えるものにはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは名古屋帯の「染め」と「織り」の違いを見ていきます。「染め」は白い糸のまま織り上げた布を後で染めていく技法で「あと染め」とも言われます。「織り」は染め上げた糸を織り上げて布にする技法で、「あと染め」とも言われます。「染め」には高度な技術が必要とされ、「織り」よりも手触りが良くやわらかいという特徴があります。

着物では「織り」よりも「染め」の格が上とされますが、帯では「織り」が格上とされます。準礼装として使用するなら「織り」の名古屋帯を選ぶとよいでしょう。その上で金銀糸が使われていると、より礼装としてふさわしくなります。また、「織り」でも格調高い古典柄を用いたもので、金銀糸がふんだんに使われているものは略礼装として締めることができます。

例えば、有識文様(ゆうそくもんよう)や名物裂文様(めいぶつぎれもんよう)など金銀糸を使った九寸帯は、江戸小紋や華やかで格式高い小紋、上品な付け下げ、色無地などに合わせると、準礼装として正式参拝やパーティー、七五三などの場にふさわしくなります。また、「染め」で作られた名古屋帯でも華やかさと格のある色柄の九寸帯は、比較的きれいな江戸小紋や小紋、訪問着、付け下げ、色無地に合わせれば、芸術鑑賞や多少あらたまった食事会などのシーンでも違和感はありません。シーンに合わせて適切な帯を選び、きちんと礼を尽くした装いを心掛けましょう。

カジュアルに合わせる名古屋帯コーディネート

それぞれの着物に名古屋帯をあわせた二人の女性

名古屋帯は普段着やお洒落着として最も合わせやすい帯の一つです。例えば、お稽古や友人との食事会、ちょっとしたお出かけなどのカジュアルなシーンではカジュアルな小紋、御召、紬、綿着物を、素朴な色柄の八寸名古屋帯と合わせるとよいでしょう。

また、趣味の仲間が集まる場所やデートなどには独特で華やかな色・絵柄の帯もおすすめです。お出かけ程度のカジュアルなシーンでは、着物と帯の組み合わせが自由になり、個性的な着こなしを気軽に楽しめます。

どの場面でも名古屋帯特有の一重太鼓結びが映えるようにコーディネートすると、名古屋帯のよさを味わえる装いになることでしょう。

名古屋帯定番の仕立て。名古屋仕立てとは?

帯の仕立てには名古屋仕立て、松葉仕立て、おそめ仕立てがあります。名古屋帯での最も一般的な仕立て方は名古屋仕立てで、手先から胴に巻くところまでを半分に折っています。そのため、たたむのに手間がかかるという点がありますが、着用がしやすく太鼓結びが簡単にできるという便利さがあります。

最近は胴の幅に自由度があることから、胴と結びの幅を同じにした開名古屋仕立て(ひらきなごやじたて)の帯も増えています。