TPO・着用シーン金糸や銀糸などを用いたものは主に礼装用に使うことが多いですが紬地などの場合は洒落着として着用します。
有名なもの ※染・メーカーなど西陣全般、北村武資、喜多川平郎、龍村平蔵 など

袋帯が似合う着物とは?

着物に袋帯をあわせた女性

袋帯は、素材や柄・場面によって合わせる着物が変わってきます。

まず礼装用として着用するのは、主に西陣織りの金糸がふんだんに織り込まれたものや吉祥模様が描かれた格式の高い袋帯です。合わせる着物は、第一礼装である黒留袖や色留袖のほか、祝いの席にふさわしい、吉祥模様の訪問着・付下げなどとなり、結婚式や披露宴に適しています。

礼装用の袋帯の中でも、可愛らしい花のデザインや色鮮やかで華やかなタイプの袋帯は、豪華で色彩豊かな振袖や訪問着・付下げによく合います。

礼装のイメージが強い袋帯ですが、織りの袋帯やしゃれ袋帯とよばれるものは、礼装以外のカジュアルな用途で合わせることができます。織りの袋帯の中でも、高級感のある柄がついているものなら、訪問着や付下げ・色無地に合わせて、お茶会や観劇などの装いに適しています。 簡単な柄の織りの袋帯なら、着物も格式ばらず、紬や色無地・シンプルな付下げ、小紋などと合わせるといいでしょう。

しゃれ袋帯には、錦織りや紬織りがあります。どちらもおしゃれを楽しむための帯で、礼装や準礼装としてはふさわしくありませんが、紬や小紋・付下げなどデザイン性に優れた柄の着物を合わせた着こなしが映えるでしょう。

紬織りは、錦織りのものよりカジュアル感が増します。大島紬を代表とする紬の着物や、しゃれた柄の小紋、色無地などに合わせて気軽に着こなしましょう。

袋帯の結び方

帯を結ぶ女性

袋帯の結び方にはいろいろなものがあります。結婚式などの正式な場では、お太鼓の部分が二重になっている「二重太鼓」という結び方をします。袋帯は二重太鼓を結ぶことを前提に作られているため、結んだときに隠れる部分には柄がない、六通柄(ろくつうがら)がほとんどです。

二重太鼓は、さまざまな場面で黒留袖・色留袖・訪問着など多くの着物に合わせることができます。二重太鼓によく似ていますが、一重太鼓結びは二重太鼓よりもやや略式になり、袋帯よりも短い名古屋帯を使った結び方です。

また上記のほかに、例えば振袖の帯の結び方には「文庫」「立矢」「ふくら雀」など、華やかな結び方が好まれています。

主に振袖に用いられる文庫結びは、江戸時代に武家の女性が結ぶことの多かった結び方で、蝶結びの後に、羽を下に垂らす形をしています。シンプルですが気品ある形で、成人式などで結ばれる場面が多くあります。

立矢結びは、江戸時代の大奥で腰元達が結んでいた形です。左あがりの大きなリボン結びのような結び方で、立体感があり華やかなイメージが特徴です。

ほかにも振袖に合う帯結びは、ふくら雀や花結び・アレンジされたものなど、着物に負けない存在感ある結び方が数多くみられます。

袋帯に入れる「芯」ってなに?

袋帯は購入の際に、綿芯や絹芯などの帯芯を入れて仕立ててもらうことがほとんどです。帯芯は、帯にハリをもたせ、帯を締めたときに形が崩れないようにするために袋帯の中へ入れるものです。また、何回も帯を締めた際、帯地が傷まないようにする大切な役割もあります。帯のためにはあったほうがいい帯芯ですが、重さが気になるようであれば、後からとることもできます。

帯芯の素材には、綿や絹、ウール、ポリエステルなどがあります。素材により特徴が異なるので、その特徴から袋帯に入れる帯芯を選ぶといいでしょう。

綿素材は、汗を吸いやすく通気性が良いという特徴があります。綿芯はしっかりしているので薄い帯地に適していますが、重いのが難点です。

絹素材は、軽いため着用時の負担が少ない、帯が柔らかい仕上がりになるなどのメリットがありますが、柔らかいためお太鼓が作りにくいというデメリットもあります。

ウール芯は、芯が滑りにくいというメリットがありますが、虫がつきやすいので気をつける必要があります。

ポリエステル芯は、洗えるため夏用帯に適しています。

袋帯をクリーニングするには

たたまれた帯

袋帯は着用後、自宅できちんとお手入れをすれば、毎回クリーニングに出す必要はありません。自宅での帯のお手入れ方法は、着物と同様です。

着物を脱いだ後には帯をハンガーにかけて、日陰で2時間以上干して乾かします。しっかりと湿気を取り除いてから、ホコリなどを着物ブラシで払います。シミや汚れを確認し、特についていなければそのまま畳んで収納しましょう。

クリーニング店では油性の汚れだけを落とす場合が多いうえ料金も高額になりますが、日ごろからこのお手入れをしておけば問題ありません。

ですが、シミや汚れがついていたときには、無理してシミをとろうとこすったりせずに、シミ抜きのクリーニングに出す必要があります。

袋帯は織りが複雑でデリケートな素材を使っているため、和装専門のクリーニング店に出しましょう。食べこぼし・油系の汚れ・泥はねなど、シミにもいろいろな種類があり、和装のクリーニング店であれば、それぞれに適した対処法でシミ抜きを行ってくれます。大切な帯を傷めるリスクは少なく済むはずです。 また、丸洗いよりもシミ抜きのほうが料金設定は低めになっています。ただし、通常のクリーニングより日数を要する場合が多いので、納期を確認し余裕をもって出すことをおすすめします。