伝統的な染め技法・友禅の魅力とは?

友禅は、日本を代表する着物の伝統的な染めの技法です。

着物を染める技法の一つであり、訪問着や留袖などのように着物の格や用途にもとづいて名付けられた名前ではありません。

また、友禅の製作には「糸目糊」と呼ばれる糊で輪郭をなぞっていく工程があります。

糸目糊をすると隣同士の色が混ざらず滲まないので、花や動物、風景などの精緻な柄を描けます。

後ほど詳しく紹介しますが、加賀友禅、京友禅、東京友禅が代表的な友禅の種類です。

オシャレが禁止されたからこそ流行した友禅

友禅は元禄時代に京都の知恩院前に住んでいた扇絵師・宮崎友禅斎が創始したと伝えられおり、「友禅」という技法の名は友禅斎に由来しているといわれています。

当時は、町人だけでなく武士に対しても贅沢な衣食を禁止する「奢侈(しゃし)禁止令」が幕府から出されており、金銀の刺繍がされた着物や総鹿の子などの派手な着物の販売や着用が禁止されていました。

しかし、糊を使用して華やかな文様を描く友禅は幕府の禁令をかいくぐり、たちまち流行していったそうです。

有名産地の友禅着物

友禅の技法には、大きく分けて手書き友禅(本友禅)と型友禅があります。

手書き友禅には3つの代表的な産地があり、京都の「京友禅」、石川の「加賀友禅」、東京の「東京(江戸)友禅」を合わせて、三大友禅と呼ばれます。

技法や産地によって友禅の種類は変わり、3つの友禅には次のような特徴があります。

京友禅

京友禅は、御所車などの古典柄、幾何模様などを題材にして、刺繍や金銀箔などの装飾が施されています。

色彩も朱色を中心に、緑・水浅葱・臙脂・薄青・桃色など色鮮やかな色彩が特徴的です。

例えば花を描く場合は、内側を濃くして外側に向かって薄くぼかす「内ぼかし手法」を取り入れています。

「ぼかし手法」とは友禅の彩色などに用いられる技法で、染めだけで立体的に花や草木を表現するために色のグラデーションがつけます。

手で生地に挿すぼかし技法は決してミスはできませんので、熟練した技術と経験が必要です。

加賀友禅

加賀友禅は、草花や鳥などの自然を題材に絵画的・写実的に描いた柄が特徴です。

加賀五彩と呼ばれる「臙脂・黄土・草・藍・古代紫」を基調色としています。

京友禅とは反対に、加賀友禅は外側を濃くして内側に向かって薄くぼかす「外ぼかし手法」を使っています。

また、葉っぱが虫に食われたままを描く「虫喰い」も加賀友禅の趣をよく表しています。

加賀友禅は、京友禅に見られる金箔や刺繍などの加飾をせず、染めだけで自然文様が描かれるため絵画的だといわれています。

東京友禅

京友禅が公家文化、加賀友禅が武家文化から発展したのに対して、東京友禅は町人文化から発展してきました。

そのため、竹林や磯の松、釣り船、綱干、千鳥など、江戸の風景や町人の暮らしぶりを描いた図柄が多いのが特徴です。

色合いも控えめで落ち着いています。

「手書き友禅」の伝統技法

友禅流し

「手書き友禅」ではすべての工程が繊細で緻密な手作業で、まるで絵画のように図柄を描き染め上げていきます。

細かく作業工程を分けると20工程以上にも及び、一般的に京友禅では分業制、加賀友禅は一人の職人で行い、東京友禅ではどちらの場合もあります。

手書き友禅の主な工程は次の通りです。

1. 下絵

白い生地の上に、つゆ草から絞った青い汁を集めた「青花」で下絵を描きます。

この下絵は、水に濡れると消えてしまいますので、仕上がりに影響はありません。

2. 糸目(糊置き)

円錐形の柿渋紙で作った筒に糯糊(もちのり)を入れて糊を細くしぼり出しながら、下絵の線の上に糸目糊を置いていきます。

この糸目糊が防波堤の役割をして、色の滲みを防ぎます。

3. 地入れ

大豆を蒸してすりつぶして漉した液体「豆汁(ごじる)」を生地に引きます。

この作業を「地入れ」と呼びます。

色の滲みを防ぎ、発色をよくするために欠かせない工程です。

4. 彩色(色挿し)

地入れをした生地を乾燥後、小さな刷毛や筆を使用して、糸目糊を乗せた輪郭の中に丁寧に彩色していきます。

振袖などのように柄の多い着物場合は、100色以上の染料を使用することもあります。

糸目糊からはみ出さないように塗るためには熟練の技術が必要とされる行程です。

5. 蒸し

彩色が終わった生地を蒸し器に入れます。

蒸気をあてることで染料が定着します。

6. 糊ふせ

地色を染めるために柄全体に糊を乗せて防染します。

糸目糊と同じ糯糊を使用します。

7. 引き染め

地色の染料を引いて、再度蒸し器に入れます。

8. 水元(水洗い)

余分な染料や防染糊を大量の水で洗い流します。

9. 湯のし

生地に蒸気をあてて、生地幅を整え、小じわを取ります。

10. 仕上げ

金箔を押したり、金線・銀線を引いたり、刺繍をします。

他にも墨で柄を書き足すこともあります。

友禅はどんな場面で着られる?

艶やかで華やかに染め上げられた友禅の着物は、主に黒留袖や色留袖、振袖、訪問着などに仕立てられ、結婚式やお茶席、成人式、パーティーなど華やかな場で着ることが多いです。

ただし、着物の種類によって着用シーンが変わるため、着る目的・場所に合わせられるように数枚持っておくと迷わずに済みます。

ちなみに、友禅の訪問着を粋に着こなすには、濃い紫紺色で白い花柄模様の着物に、同系色で金彩の入った名古屋帯などをアクセントに使うと全体が締まります。

着物の種類主に黒留袖、色留袖、振袖、訪問着
着用シーン結婚式、成人式、パーティーなどのかしこまった場所

友禅着物のレンタル相場はいくら?

友禅着物のレンタル相場は、留袖や振袖などの着物の格、柄の豪華さなどによって違います。

友禅の訪問着の場合、1万円前後からインターネットで宅配レンタルできます。

一般的なレンタル価格の相場は2万円~3万円前後です。

豪華な図柄は10万円前後する場合もありますが、ホテルなどの貸衣装室でレンタルする場合は5万~7万円前後の相場が多いです。

ちなみに、浅草周辺には数千円から借りられる着物レンタルショップがたくさんあります。

ほとんどの着物レンタルショップには、料金に着付け代、草履や足袋などの小物代が含まれており、ショップによっては観光地を背景に撮影してもらえるお得なオプションもありますよ。

「着物を成人式・卒業式以外で着たことがないな…」という方は、レンタルから始めてもいいですね。