TPO・着用シーン「友禅」は染の技法のため、何の着物に施されているかで着用シーンは変わります
有名なもの ※染・メーカーなど加賀友禅、京友禅、東京友禅 など

「友禅」は着物の名前ではなく、染技法の名前

友禅は訪問着や留袖などのように、着物の格や用途にもとづいて名付けられた着物の名前ではありません。着物には染めの着物と織りの着物がありますが、友禅は着物を染める技法の一つです。その他の染技法には、しぼり染めやぼかし染め、型染めなどがあります。

友禅の技法には手書き友禅(本友禅)と型友禅があります。そして、手書き友禅には3つの代表的な産地があり、京都の「京友禅」、石川の「加賀友禅」、東京の「東京(江戸)友禅」のことを合わせて三大友禅と呼びます。

「京友禅」・「加賀友禅」・「東京友禅」には、それぞれ次のような特徴があります。

京友禅

京友禅は、御所車などの古典柄、幾何模様など題材にして、刺繍や金銀箔などの装飾が施されています。色彩も朱色を中心に、緑・水浅葱・臙脂・薄青・桃色など色鮮やかな色彩が特徴的です。花を描く場合、中を濃くし、外へいくほど薄くぼかす「ぼかし手法」を取り入れています。

加賀友禅

加賀友禅は、草花や鳥などの自然を題材に絵画的、写実的に描いた柄が特徴です。加賀五彩と呼ばれる「臙脂・黄土・草・藍・古代紫」を基調色としています。加賀友禅の「ぼかし手法」は京友禅とは反対に、花の中を薄くぼかし、外へいくほど濃くなります。葉っぱが虫に食われたままを描く「虫喰い」も加賀友禅の趣をよく表しています。

京友禅

京友禅が公家文化、加賀友禅が武家文化から発展したのに対して、東京友禅は、町人文化から発展してきました。そのため、竹林や磯の松、釣り船、綱干、千鳥など、江戸の風景や町人の暮らしぶりを描いた図柄が多いのが特徴です。色合いも控えめで落ち着いています。

「手描き友禅」の伝統技法

友禅流し

手書き友禅は、細かく分けると20工程以上にも及びます。一般的にはその工程を京友禅では分業制で、加賀友禅は一人の職人で行います。東京友禅ではどちらの場合もあります。「手書き友禅」ではすべての工程が繊細で緻密な手作業で、まるで絵画のように図柄を描き染め上げていきます。

手書き友禅の主な工程は、次の通りです。

1. 下絵

白い生地の上に、つゆ草から絞った青い汁を集めた「青花」で下絵を描きます。この下絵は、水に濡れると消えてしまいます。

2. 糸目(糊置き)

円錐形の柿渋紙で作った筒に糯糊(もちのり)を入れて糊を細くしぼり出しながら、下絵の線の上に糸目糊を置いていきます。この糸目糊が防波堤の役割をして、色の滲みを防ぎます。

3. 地入れ

大豆を蒸してすりつぶして漉した液体「豆汁(ごじる)」を生地に引きます。この作業を「地入れ」と呼びます。色の滲みを防ぎ、発色をよくするために欠かせない工程です。

4. 彩色(色挿し)

地入れをした生地を乾燥後、小さな刷毛や筆を使用して、糸目糊を乗せた輪郭の中に丁寧に彩色していきます。振袖などのように柄の多い着物場合は、100色以上の染料を使用することもあります。糸目糊からはみ出さないように塗るためには熟練の技術が必要とされる行程です。

5. 蒸し

彩色が終わった生地を蒸し器に入れます。蒸気をあてることで染料が定着します。

6. 糊ふせ

地色を染めるために柄全体に糊を乗せて防染します。糸目糊と同じ糯糊を使用します。

7. 引き染め

地色の染料を引いて、再度蒸し器に入れます。

8. 水元(水洗い)

余分な染料や防染糊を大量の水で洗い流します。

9. 湯のし

生地に蒸気をあてて、生地幅を整え、小じわを取ります。

10. 仕上げ

金箔を押したり、金線・銀線を引いたり、刺繍をします。他にも墨で柄を書き足すこともあります。

友禅着物のレンタル相場について

友禅着物レンタルの相場は、留袖や振袖などの着物の格や友禅の技法、柄の豪華さなどによって違います。

結婚式やお茶席、パーティーなど、着用シーンの多い友禅の訪問着の場合、1万円前後からインターネットで宅配レンタルができます。

一般的な価格は、2万円~3万円前後です。豪華な図柄の場合は、10万円前後する場合もあります。ホテルなどの貸衣装室でレンタルする場合は、5万~7万円前後が相場です。