TPO・着用シーン卒入学式、茶会、七五三に付き添う母親
有名なもの ※染・メーカーなど加賀友禅監修 など

色無地に似合う帯の選び方

色無地を着た女性の後ろ姿

色無地は汎用性が高い着物です。帯を選ぶことで着用シーンに合わせてふさわしい装いにすることができます。
慶事と弔事、普段使いについて似合う帯を選ぶポイントを紹介します。

慶事

結婚式や披露宴に参列する場合は、三つ紋や一つ紋のついた明るい色の色無地に礼装用の袋帯を合わせれば準礼装となります。結び方は二重太鼓です。

色無地には模様がないため地味になりがちと思われるかもしれません。しかし正装用の袋帯は金糸や銀糸を使ったものが多く、帯揚げ・帯締めや半衿も高級感のあるものがあります。また半衿の上に色の違う伊達衿を重ねることでさらにフォーマルな印象となりますので、式に華を添えることができます。

なお、慶事に使う色無地にはあまり暗い色は向きません。冠婚葬祭に幅広く使えるのは灰色や紫色ですが、そういった色を慶事で着用する場合にはさらに華美な小物選びを意識すると、バランスの取れた装いに仕上がります。

弔事

親族は黒喪服を着ることが一般的です。親族以外の方は、地味な色無地に喪帯で略式の喪服として使用できます。葬儀に参列する際は紺や抹茶色など渋めの色に黒喪帯を合わせます。葬儀ではなく法事や「偲ぶ会」のような会に参加する際には、灰色などの落ち着いた色無地に色喪帯などがよいでしょう。

結び方は小さめの太鼓結びが適切です。

日常使い

色無地は冠婚葬祭にも使えるものながら、普段使いできることが大きな利点。それには帯選びが重要です。

普段使いしたいなら、地紋のない色無地には半幅帯や名古屋帯がおすすめです。軽めの帯なら普段着感覚、少し重めの帯ならお洒落着感覚でと、帯を変えただけで全体の印象も変えることができます。

紋付の色無地について

色無地は紋が入ることによってフォーマルな場所にも使えることは前述しました。では、使い勝手がいい紋の数はいくつでしょうか。

背中、両胸、両後ろ袖に紋のある五つ紋は非常に改まった礼服となりますが、色無地ではあまり見かけません。かえって使いにくくなってしまう可能性もあります。

三つ紋ですと準礼装で、結婚披露宴などにも参列できる格になります。しかし無紋の訪問着より格が上になりますので、目上の方が無紋の訪問着で参列するようでしたら避けるべきかもしれません。

おすすめは一つ紋です。訪問着や付け下げとは違い、模様のない色無地は控えめな印象であり、自分が主役ではない場合におすすめです。たとえば七五三や入学式・卒業式など我が子が主役になるシーンではぴったりの装いです。

紋付でない色無地は普段着として着ることができます。それもまた便利ですが、着物の手入れを行っているお店で無紋の色無地を紋付にすることもできます。