TPO・着用シーン披露宴、見合い、結納、茶会
有名なもの ※染・メーカーなど加賀友禅、京友禅、東京友禅 など

結婚式で着る訪問着の選び方(披露宴で差し支えない色柄など)

結婚式場

訪問着は格が高い上、未婚・既婚を問わずに着ることができますので、結婚式で着用するのにもふさわしい着物とされています。結婚式に招待された時には、お祝いの気持ちを込めて正装で出かけるのが慣わしですが、新婦より目立ってしまうような装いははばかられます。

訪問着であれば、振袖のように袖が長いわけではありませんので、若い女性でも控えめな印象となり、おめでたい席に華を添えることができます。ですが、白地一色に見えるような着こなしを含め、花嫁衣装の色と重なるのを避けること、また、列席される親族の方々の留袖と見紛うような黒い着物は避けるといった気遣いも大切になります。

柄には、吉祥柄や縁起がよいとされる花柄、生き物の柄などを選びますが、桜は散るということで喜ばれない場合もあります。気をつけましょう。

自分の個性に合う着物の色を見つけて、上手にコーディネートするのも着こなしの楽しみです。帯や半衿、重ね襟などの小物選びにもこだわることなどで、色の濃淡に関係なく上品にまとめることが可能です。その場の雰囲気にも合うよう、気配りの行き届いた上で、おしゃれな着こなしを楽しみましょう。

また、夏の素材を用いる場合には、絽の訪問着を身につけます。紗は、少し格が落ちてしまいますので、結婚式には不向きです。

訪問着をレンタルするには?

着物は、結婚式場でレンタルできる場合も多いですが、近頃では、インターネットを通じてのレンタルも増えているようです。訪問着を購入するとなると、手の届かないような高級なものもありますが、レンタルにすれば、手頃な価格で借りられる上、着る度に違ったものを選ぶことができます。

また、身長や体格に合わせて探すことも可能です。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

選択を間違わないためには、自分に似合う色や柄を見つけておいてから探すのも、ターゲットを絞りやすくてよい方法です。

着物をレンタルする際には、小物もセットで借りられる場合が多いので、業者にいろいろと問い合わせてみるのもよいでしょう。予め付属品を調べておくと準備を整えるのに便利です。

配送料無料などのサービスのあるサイトをたくさん見つけることが可能ですが、もしも汚してしまった場合のクリーニング料金の負担などについて、契約の際に、よく確認しておきましょう。

また、着用の前には、広げて着物のたたみジワを伸ばしておくなどの作業も必要です。レンタル着物は余裕を持って手配するようにした方が安心でしょう。

訪問着と帯のコーディネートについて

訪問着と袋帯

着物は、コーディネートによって、大きく雰囲気が変わりますが、それは訪問着も例外でなく、豪華な着こなしや上品な着こなし、粋な着こなしをすることができます。目的に合わせて組み合わせを選ぶことで、全く違った雰囲気を演出できるというわけです。

結婚式などのおめでたい席に出る場合には、少し豪華な着こなしがよいでしょう。着物と、それに合わせた袋帯には、お祝いの気持ちを表す柄に金銀の箔の入ったものを使えば、ぐっとゴージャスになり、おめでたい雰囲気を醸し出すことができます。

目上の方のお宅を訪問する時には、淡色系で色数の少ない古典柄の着物と落ち着いた感じのする袋帯でコーディネートすると、とても上品に仕上がります。

食事会などで粋に仕上げたい時には、濃い色の名古屋帯などをアクセントに使うと、全体が締まって粋な感じになるでしょう。

帯揚げや帯締めなどの小物選びも大切な材料ですので、ぜひ、こだわりたいポイントです。また、夏の訪問着として、絽や紗などの透ける素材の着物がありますが、帯も麻などの素材のものを使うことで、涼しげな印象に仕上がります。

訪問着の特徴:絵羽模様について

訪問着を着た女性

絵羽模様(えばもよう)とは、身頃から袖、衽(おくみ)に至るまでのひとつながりの模様を描かれたものを言います。この模様を作るのには、たいへん手間が掛かり、格の高い模様となっています。

絵羽模様を作るには、白い生地を採寸してから仮に着物の形に仕立て上げ、模様を描きます。この、仮縫いの状態のものを指して「仮絵羽」と呼びます。次にいったん縫い目を解いてから、模様染めや刺繍を施し、ようやく本縫いです。そうすることで、縫い目の線をまたいで、一連の模様ができあがるのです。

絵羽模様は格が高く、留袖や色留袖、振袖や羽織にも用いられますが、訪問着には一般的に肩と裾に模様が入ります。

この絵羽模様は入っていないけれど、柄が上向きに入ったものを付け下げと呼びます。食事会などに呼ばれて出かける時には、高級だから安心と思うのではなく、招待する側のお召し物の格を超えないように配慮することも大切です。