傘をさす着物姿の女性

せっかく着物を着ようと思ったのにあいにくの雨…。

最近ではポリエステルなどの雨にも強い着物もありますが、フォーマルな着物を着用する場面やお気に入りのコーディネイトで出かけたいときもありますよね。

しかし、雨を甘く見ていると後から着物が雨シミや泥はねでとんでもないことに! そうならない為にも、しっかりと雨対策をして着物を濡らさないように気を付けましょう。

雨コートで全身すっぽり雨除け!

雨の日には着物が濡れてしまうだけではなく、泥はねなども気になりますよね。 そんな不安を一掃してくれるのが 雨コート です。

足元まで覆う長めのものを選ぶのがおすすめです。(ただし踏まないように注意しましょう。)

最近では機能性だけではなく、デザイン性の面でも優れた雨コートが販売されています。 道行コート風の雨コートならフォーマルな場面でも着用することができるでしょう。 1枚持っているだけで雨の日でも快適に過ごすことができます。

一部式と上下にわかれている二部式があります。さっと羽織りたい方は一部式を選ぶとよいでしょう。二部式なら小雨の時は上だけ、雨脚が強まってきたら下も、と状況に応じて使うことができます。

しかし、雨コートを着ていても着物の裾に泥はねがついてしまうことも。 より万全に対策するのであれば、着物の裾をめくって、腰紐や大きめのクリップで帯周りに留めてしまいましょう。

上から雨コートを着てしまえばわかりません。目的地に着いたらそっと直します。お化粧室などで直すのが良いですが、本来、長襦袢は見えても問題のない下着です。軽く人に背を向けてささっと直せば問題ありません。

また、雨コートの袖の振りから雨が入ってくることもあります。軽く縫い付けてしまうか、内側から安全ピンなどで留めておけば万全の対策となるでしょう。

意外と濡れがちな首元をスカーフで守る

スカーフ

特に雨風の強い日には首元にスカーフや手ぬぐいを巻いておきましょう。傘をさしていても雨コートの隙間から雨が入り込んでくることも。

気が付いたら湿っている!なんてことにならないように着物やコートの色に合わせたスカーフを用意することをおすすめします。

草履カバー着用で草履を傷めない

草履

雨の日には草履が雨を吸って汚れてしまいますよね。 そんなときでも大丈夫なように雨用のウレタン素材の草履は揃えておきたいところです。

より徹底的に足もとの濡れを防ぎたい方におすすめなのが草履カバーです。カバーが透明になっているので装着してもあまり目立ちません。

また、もともとカバーがついている草履もあります。滑り止め加工がされているものや、かかとの高さがあるものなど、雨の日でも歩きやすいように工夫されているので1足もっておくと安心ですね。

カジュアルなシーンであればブーツコーデにしてしまうのも一つの手です。

足袋カバーで足元の不快感を0に。

雨がしみ込んでしまった足袋は乾きづらいですし気持ちが悪いですよね。 そんな不快感をなくしてくれるアイテムが撥水加工の足袋カバーです。

足袋の上から履き、室内に上がる際には脱いで使用します。もちろん普段づかいもできますよ。

和傘は着物姿のアクセントに

傘をさす着物姿の女性

落ち着いた着物に水玉の傘ではせっかくの着物も台無しですよね。 和装に合う傘をもっておけば雨の日のお出かけも楽しくなるかも?

本物の和傘には手を出しづらい、という方は、和風柄や落ち着いた色合いの傘を1本持っておくとよいですね。

エコバッグで荷物を守る

撥水加工された大きめのエコバッグで手荷物を守ります。布製のバッグはもちろん、革製のバッグも「後から拭けばいいや」なんて安易に考えないように。 着物と同様、しっかりとカバーして雨シミを防ぎます。

また、濡れてしまった着物やバッグを拭く用の手ぬぐいは必ず持って行きましょう。

急に雨が降ってきたときは?

傘

出かける前から雨が降っていればご紹介したような雨対策を行って行くことができますが、突然の雨では困ってしまいますよね。

そんな時にはコンビニや100円ショップのレインコートで対応しましょう。ポンチョタイプであれば帯周りもゆったり着ることができます。ただ下半身はカバーしてくれないので注意が必要です。

また、突然の雨の際には積極的にタクシーなどを使うようにしましょう。 電車やバスの交通機関と比較して料金が高くなってしまいますが、着物が汚れてしまうとその汚れを落とすのに料金がかかってしまいます。

着物のクリーニング代は思っている以上に高額ですので目的地の目の前まで運んでくれるタクシーを利用したほうがいいかもしれません。


冠婚葬祭や入学式、卒業式などの行事、楽しみにしていたお出かけの日に雨が振らないとも限りません。事前にご紹介したアイテムを揃えておけると良いですね。