ウールとは?

★

ウールとは羊毛、つまり羊の毛の織物をさします。現在では洋服の素材として目にすることの方が多いかもしれません。また、冬の素材のイメージがありますね。
着物でもウール素材のものはありますが、普段着の着物として着用されるものなので、着物を着る機会が減った現代では馴染みのない方が多いでしょう。

一昔前には、他の着物よりも簡単に作られるということでリーズナブルなウールの着物は一斉を風靡しました。ウールは木綿よりもシワになりにくく、暖かいと言われています。
また、ウールは基本的には単衣(ひとえ)で仕立てられますが、着る期間は盛夏を除く春そして秋・冬と3シーズンに渡ってOKと言われています。

一般的に単衣の着物は初夏や初秋といった時期にだけ着るため、3シーズン着られるウールは便利です。
現在でも着物好きの方に、冬の普段着として着用されています。

サマーウールとは?

ウールの中でも盛夏以外の夏の時期に着用することができる薄い素材のものをさします。
糸の太さや混紡の違いなどで、透け具合や体感も違いますが、絽や紗、麻よりは暖かい素材です。
そのため着用時期は6月中旬〜下旬、9月初旬〜中旬までで7月と8月は避けるのが無難でしょう。

西陣ポーラとは

★

西陣ポーラといわれる交織(※)のサマーウールが有名です。(※交織(こうしょく)とは、縦糸と横糸に2種類以上の異なる糸を用いて織ることを表します)

ポーラとは織の名称でウールに絹混紡のものを言います。ウールを基本に混紡糸は様々でその混紡率も一定ではありません。「サマーウール」と一口でいっても色々な種類があります。

西陣ポーラはオーストラリア産のウールに絹糸を螺旋状に巻きつけた壁糸仕様の糸で織られています。
肌への張り付き感が少なく、シャラシャラとした肌触りが涼し気です。透け感もありますが、ウールが入っているので気温が25°Cぐらいの時期がベストです。

ウールならではのチクチク感は多少ありつつも、独特のハリと手触りで着心地は良く、シワにもなりにくいのが着物通の中で人気が高いです。値段はリーズナブルですが、いまや織元も1件のみで絶滅危惧種と言われるほどになってきてしまいました。とはいえ、着姿もきれいで、多少の雨でもOKな便利な着物です。

サマーウールもウールの着物なのでフォーマルな場での着用は不可です。そのため街着としての着用がメインです。
夏は暑いため肌を出したいと思う方が多いですが、着物は熱い外気や太陽に肌が直接さらされる面積が少なくなるので意外と涼しいと感じることも。
衿元、袖口、身八つ口といった箇所から風が通るのもポイントです。一方で、クーラーの効いた場所では足元や背中を冷気から守ってくれるので冷え性の方は特に良いでしょう。
ウールの扱いは難しいので、自宅での洗濯は避け、クリーニングに出すのが無難でしょう。

現在そもそも着物を着用する方も少なくなり、需要が減ってしまったことが原因ですが、今後西陣ポーラを含め、サマーウールを知っている人が増えてくれば、もう一度生産も増えてくるかもしれませんね。