旅館の浴衣と普通の浴衣の違い

浴衣と帯と巾着

温泉宿などに宿泊すると、館内くつろぎ用として浴衣が用意されていることも多いですよね。

一昔前は、旅館のロゴや地味なものが多い印象でしたが、最近では色柄を選ぶことが出来る宿も多く、特に女子旅などでは旅の楽しみの一つではないでしょうか。
この旅館で出してくれる浴衣は基本的には館内のみでの着用になります。

一方で、夏祭りや花火大会などで着用する浴衣は、外出してもOKです。
この2つの浴衣にはどのような違いがあるのでしょうか。

2つの浴衣の位置づけの違い

旅館の浴衣の女性

まず、この2つの浴衣はそもそも立ち位置が異なります。

旅館での浴衣はいわば寝間着(パジャマ)にあたります。
そのため、くつろぎの空間である館内のみでの着用が一般的です。
また、着用方法にルールなどもありません。
帯の結び方なども自由ですし、寝るときに邪魔になるため、帯の結び目を前に持ってくる場合も多いです。

一方、夏祭りや花火大会で着用する浴衣は「外着」です。
外着の浴衣も、由来は寝間着ですが、外着である以上最低限の着方はあります。
原則「おはしょり」をつくることや、帯の結び方もいくつか結び方があります。

ただ、どちらの浴衣も必ず右前に着ることは共通しています。
左前に着ると「死装束」になりますので、左前に着て共有スペースなどに行かないよう気を付けて下さいね。

つくりの違い

浴衣のつくり自体の違いとしては、袖が縫われてるか縫われてないかの違いです。
普通の浴衣は、財布などを入れたりするため、袖が縫われています。
温泉浴衣は「寝間着」のため縫われていないので、財布などを持って歩くときはお腹の懐に入れましょう。

着こなしの違い

まず浴衣の下に着用するものが異なります。
外着としての浴衣は、女性であれば和装下着(肌襦袢や長襦袢)や、その代用品としてキャミソールやペチコートを着用します。場合によってはタオルなどで補正を行うでしょう。
また、首の後ろは抜き襟といってこぶし一つ分空けることで女性らしい着こなしになります。

浴衣の女性

寝間着の浴衣は、昔であれば素肌の上にそのまま着ていました。旅館で着用する場合、部屋で寝るだけであれば素肌の上からで良いでしょう。
もし共有スペースや外に軽く散歩に出かける場合には、浴衣の上にはおる「丹前(たんぜん)」や「どてら」を羽織るようにしましょう。
更に女性は下着やキャミソールを着用すると良いでしょう。ワイヤー付きのブラジャーは着崩れの原因になるのでおすすめしません。カップ付きキャミソールなどが楽ちんです。
男性でもはだけてしまうのが気になるのであればVネックの薄いTシャツなどがおすすめです。首の詰まったものは襟元から見えてしまう場合があります。

また、旅館の浴衣は布地が柔らかくハリがないので、首の後ろを空けすぎるとくたっとしてだらしなく見えてしまいます。うなじが少し見える程度が適切でしょう。

いかがでしたでしょうか。
そもそもの浴衣の位置づけを理解すれば、ルールを意識しなければいけないかどうかも自然と分かってくるのではないでしょうか。