着物でお花見はアリ?

桜が咲く公園

成人式や初詣などとは違って、お花見ではそこまで着物姿を見かけることは少ないでしょう。
とはいえ、普段より着物で出向いても変に目立ってしまうということはありません。
むしろ桜は日本の花ですので、その和の雰囲気と調和し、桜と供に華やかさを添える存在となるでしょう。

また、お花見はカジュアルな場ですので、着物初心者さんの着物デビューにはぴったりです。
堅苦しいルールなどには縛られずに自由に着物を楽しむことができます。
お花見にちなんだコーディネートを組んでみることも素敵ですね。
着物を着ることで、いつもとは少し違った素敵なお花見になるでしょう。

お花見に着ていく着物は?

着物でお花見をする女性

それではお花見にはどんな着物を着ていくのが良いでしょうか?
着物の種類から、コーディネートまで気を付けたいポイントをご紹介します。

お花見コーデの着物の種類

お花見はカジュアルな場ですので、この着物でないといけない、などルールはありません。
ですが、その場に相応しい着物としては小紋と紬があげられるでしょう。
どちらもカジュアルな場面で活躍する着物です。

小紋

小紋とは、細かい模様が同じ方向に全体的に入っている着物で、遠くから見ると無地にも見えます。
カジュアルな場面から少しおしゃれをしたいシーンまで幅広く活用できます。
洋服でいうところのワンピースのような位置づけです。

ほとんどが「型染め」と呼ばれる技法を使って染められています。
以前は模様の大きさによって大紋や中紋と区別していました。現在では模様の大小に限らず、総称して小紋と呼んでいます。

また、小紋の中には「江戸小紋」という着物があり、通常の小紋よりは格式が高くなります。色無地と同じ格にあたります。
食事などをせず、桜を眺めて歩くようなお花見であれば、こちらの江戸小紋でも良いでしょう。

紬とは、紬糸などを使った先染めの織物のことです。
絹糸が布表面の生地となるため、絹独特の光沢感があるのが特徴です。
また非常に丈夫であることから、古くから普段着として身近な存在でした。
現代では、紬は普段着からおしゃれ着といった位置づけで、気軽に着用することができます。
渋めの絵柄がお好きな方に特におすすめです。

お花見コーデの着物の色柄

手の中の桜の花

お花見に着ていくときにぴったりな色合いや柄はどんなものでしょうか。

色合い

お花見という野外で行われるイベントということもあり、華やかな色合いのものが映えるでしょう。
桜に合わせてピンク系統の着物をチョイスするかたも多いのではないでしょうか。
また、春らしいパステルカラーもおすすめです。

一方、着物通のお友達とお花見ということであれば、あえて渋めの色合いを選びつつ、帯や半襟に桜色を入れるのもまたおしゃれではないでしょうか。

お花見の桜に合わせて、桜の柄を着用してもいいのでしょうか。
繰り返しになりますが、お花見はカジュアルな場面ですので、柄に関しても明確なルールはありません。
お花見という場面に限らず、着物の粋な着方としては、着物の柄は少し先取るのが基本です。
そのため、桜柄は1月頃から桜が満開になる前までとも言われています。
ですが、それでは着ることのできる期間があまりに短いですよね。

「桜を生かすために、着物では桜柄を避けたい」という方も「本物の桜と着物の桜の調和を楽しみたい」という方も、両方の意見があります。
ここはご自身の好きなように選んで問題ないでしょう。

桜柄以外では、ストライプやチェックなど大正ロマン風の色柄もマッチします。
普段は合わせることの出来ないブーツなどでコーディネートを組んでもよいですね。

着物でお花見の注意点

お花見のお弁当

せっかくのお花見が台無しにならないようにここだけは注意しておきましょう。

まず、3月、4月ではまだ肌寒く感じる日も多いでしょう。
着物の中にヒートテックを着たり、カイロをもつなど防寒対策は忘れずに。
また、食べたり飲んだりする場面もあるかもしれません。
着物は簡単には洗えないため、食べこぼしやシミがないよう、食べ歩きは控えたほうがよいですね。
汚れ除けに大きめのハンカチを膝に置くなどして注意しましょう。

今年のお花見は是非着物で華やかに装ってみてください。
堅苦しいルールはないので、ご自身の好きなコーディネートで楽しんでくださいね。