入学式・卒業式では洋装?和装?

お子様の入学式や卒業式はセミフォーマルな装いが基本です。
お母様は、淡い色や明るい色のセレモニースーツ・ワンピースといった装いが多くみられます。
とはいえ、明るい色のツーピースなど「購入したものの年に数回しか出番が無い!」なんて声もよく耳にします。
スーツやワンピースはジャストサイズで着るものなので、数年経つとサイズが合わなくなり、着ることが出来なくなってしまったということも。
またデザインの流行もあるのが悩ましいポイントです。

このような点から購入よりもレンタルすることがおすすめですが、せっかくレンタルするのであれば、普段あまり着る機会のない和装もご検討されてみてはいかがでしょうか。

和装の場合、着物の種類としては訪問着や附下(付下げ)、色無地が一般的です。
これらはいわゆる「準礼装」にあたり、最も格の高い「礼装」に次ぐ着物になります。
レンタル店に入学式や卒業式に着用したいと伝えれば、相応しい着物をピックアップしてくれるでしょう。
まずはこの着物の格を間違えなければ、マナーとしてはOKです。
そのため、思っている以上に難しく考えず、敷居低く始めることができます。

購入の場合も、実は和装がおすすめです。
着物は日本の伝統衣装ですから、洋装よりも流行り廃りがありません。
また、体形が変わってしまっても着付けでサイズを合わせることができるので、洋装よりも長く着用できます。
お子様が2人以上いらっしゃる方は出席する式典の回数も増えますので購入も考えてみてはいかがでしょうか。
特に訪問着は結婚式やパーティーのお呼ばれにも着ていくことができますので、活用機会も多いと言えるでしょう。
一着の着物であっても、帯や小物の合わせ方を変えることで、卒園式にはお別れを感じさせるコーディネート、入学式にはスタートを感じさせるコーディネートのように、使い分けることもできます。

ママ着物の選び方

さて、入学式や卒業式での着物には訪問着・附下(付下げ)・色無地がありますが、それぞれどんな着物なのでしょうか。

訪問着

着物の女性

礼装と言われる留袖の次に格が高く、模様が一枚絵のように入っているのが特徴で、非常に華やかで上品な着物です。
同じ訪問着でも、紋付きだとより格式高く、紋なしだとカジュアルになります。

「紋入り」の訪問着の場合フォーマルな場面で活躍しますが、「紋なし」の訪問着のほうがより幅広く、パーティやお茶会などをはじめ様々なシーンに多く着用することができます。
お子様の入学式・卒業式の付き添いには、紋入り・紋なしいずれの訪問着も着用することができますが、「幅広い場面で訪問着を着用したい!」という方は、「紋なしの訪問着」を選ぶとよいでしょう。
また、柄についても検討してみてください。
着物は季節先取りの文化があるので、難しく感じる場合は年中活用できる柄を選ぶのが安心です。

おすすめ記事:訪問着

附下(付下げ)

附下は絵柄が一枚絵のように繋がった訪問着と違い、絵柄が繋がっていないことが特徴です。訪問着に次ぐ格式の高さのため、入学式にも着用可能です。
訪問着と似ていますが、戦時中に訪問着の華やかさを落とすために作られました。
入学式はお子様が主役なので、むしろ母親は附下を着る方がいいという考え方もあります。
帯としては一般的には袋帯を合わせます。名古屋帯を合わせることも可能です。

おすすめ記事:付下げ

色無地

着物の女性

色無地も準礼装にあたります。一色で染め上げた無地の着物です。
柄の無いシンプルな色無地は主役の子どもを引き立たせ、より上品な印象になるでしょう。
柄のある着物だと、着用シーンや季節感がふさわしいのか注意が必要になりますが、色無地でしたらその点も安心です。

色無地では「紋」(背中に入っている家紋)について考える必要があります。
現代の一般的な着物のルールでは、「一つ紋」もしくは「無紋」となりますが、一つ紋のほうがよりフォーマルなシーンに着用することができるので使い勝手が良いです。
卒園式・卒業式・入学式であれば「一つ紋」が望ましいですが「無紋」のものでもそれほど問題はありません。

おすすめ記事:色無地

この3つの着物であればマナーはばっちりです。
お手持ちのものや、華やかさをみてお好みの着物を選びましょう。

ママ着物の色選び

畳んだ着物

色の選び方は洋装の場合と同じで、淡い色や明るい色が相応しいでしょう。
明るい色と言っても、原色のパキッとしたカラーや、柄の多いものは悪目立ちしがちなので注意です。
あくまでも主役はお子様なので、上品にまとめるのが基本です。

具体的におすすめなカラーはパステルカラーのピンクやブルー、イエローなどが華やかです。
可愛らしい色がお好みでない方はベージュや明るめのグレーといった色もおすすめです。
既に暗めの色の着物をお持ちであれば、その着物を活用することも出来ます。
帯や帯揚げなど小物で明るい色を取り入れると華やかになります。

ママ着物の小物選びは

和装小物

バッグは小さめのものがバランスが取れます。
必ずしも和装用のバッグでなくてもかまいません。クラッチバッグやハンドバッグなどお手持ちのもので雰囲気に合っていれば問題ありません。しかし、金具などが着物に引っかからないものにしましょう。
和装用のものを用意するのであれば、草履と素材を合わせるのが基本です。

草履は白や淡い色で高さのあるものが良いでしょう。
室内で式典が行われる場合は、同じく淡い色で高さのあるスリッパを持参しましょう。
着物の裾を汚さずにすみます。

最後に確認!気を付けるポイント

暑さ・寒さ対策

3月、4月はまだ肌寒い季節なのでショールなどの防寒具があると安心です。
一方で急に気温が上がる日もあります。その場合は扇子やタオルを用意しておくと良いでしょう。

着る前後の手入れ

レンタルであれば心配いりませんが、購入した着物はきちんとお手入れをしましょう。
着用後は湿気を飛ばし、その後柔らかい布でほこりを落とします。
汚れやシミは自宅で対処せず、クリーニングに出すのが安心です。
小物や帯は陰干しして湿気を飛ばしてからしまい、足袋は洗濯しましょう。

入学式や卒業式では和装も検討してみてください。
今回ご紹介したポイントをおさえれば、あまり難しく考える必要はありません。
お子様の門出の日が、素敵な一日になりますように。