2月の着物は?

2月は暦上まだ冬ですが、着物は季節を先取りするものなので、春を意識した着物選びが必要になります。

まず、2月に着る着物は「袷(あわせ)」の着物です。
胴や袖、裾の部分に裏地がついているので比較的あたたかい着物です。
袷の着物は2月を含む10月~5月と長い間に着ることができます。
カジュアルなお出かけであれば、ウール素材の着物も絹や綿よりも暖かくておすすめです。

2月の帯は?

2月の着物にあわせる帯は透け感の無い素材が良いでしょう。
九寸帯や八寸帯、博多帯、綿などで作られたカジュアル帯です。
裏地と表地を縫い合わせたカジュアルな京袋帯はおでかけに、金糸や銀糸を使った袋帯はフォーマルな場所に、のように使い分けましょう。

2月の着物のポイント

帯揚げ、半衿、長襦袢などの小物類は袷用のものを選べばOKです。
春花の柄が入った帯揚げや半衿などでも春らしさを取り入れるのも粋ですね。2月の上旬であれば、袖から少し見える襦袢を春色のものに変えてみるのはいかがでしょうか。

防寒対策としては、ヒートテックや厚めの下着を防寒対策として着こめば、外での滞在時間が長い場合も安心です。
忘れがちな足元も、足袋に合わせることのできるストッキングなどで保温しましょう。

羽織や道行コート、ショールなどの防寒具も冬ならでは。
重ね着コーディネートも楽しめます。
グラデーションのコーディネートや、柄×柄で普段できない合わせ方も試してみてはいかがでしょうか。

2月に着たい色柄

桜

草木も枯れてしまう冬は、色も少なく寂しげな風景になりますよね。
そんな季節だからこそ、着物は華やかな色合いのものを選んでみてはいかがでしょうか。
ピンクや緑などのシャーベットカラーやオフホワイトなどは春の訪れを感じさせますね。
なかなか挑戦しづらい鮮やかな色も、冬の季節のほうがしっくりくるはずです。

様々な柄の着物がありますが、着物の柄や色で季節を感じることができますね。この季節にはこの柄ではないといけない、など厳密なルールがあるわけではありません。

2月はまだまだ寒い季節ですが、半月~1か月季節を先取りした色柄を選ぶのが粋です。
そのため、2月に入ったら少し春を意識し始めると良いですね。

定番なのは、雪、うぐいす、椿、桃、菜の花、梅をモチーフにしたものではないでしょうか。霞文様や水仙、蘭、笹なども季節の柄です。
ちなみに椿は冬の間中、茶花として生けられるので、お茶席の場合や、床飾りがあるような場所では重なる可能性があります。念のため、椿柄がメインの帯は選ばない方が無難です。

その他次のような柄もおすすめ。

金平糖

金平糖

3月の「桃の節句」の金平糖も2月頃から取り入れられます。その他ひなあられなどもこの時期に合わせて着ることができます。また、淡いピンクの着物に葉色の帯締めという組み合わせは桜餅を連想させ、素敵ですね。

春を連想させる蝶もおすすめです。可愛らしいというよりは、大人っぽく上品な着こなしが好みの方にぴったりです。

2月には少しはやいように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
桜の柄は年齢問わず定番の柄なので、ひとつ持っておくと比較的長く使えます。
特に2月であれば全面的に桜が前に出ているものではなく、帯や帯締め、半衿などにさりげなく取り入れてみるのはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
2月というとまだまだ寒いですが、少しずつ春を取り入れていきましょう。