着物のサイズ表記について

巻き尺

着物は「鯨尺(くじらじゃく)」という布を測る際の単位である「寸」や「尺」といった表記で表されます。1寸は約3.8㎝、1尺は約38㎝です。つまり10寸=1尺ということですね。

適切なサイズの選び方

着物のサイズ呼び名

身丈(みたけ)

着物の身丈

身長の+5㎝~-5㎝以内が適切です。身丈160㎝であれば慎重155~165㎝の方が着ることができます。身丈はおはしょりによって調節することができるので、その分洋服よりも着ることのできるサイズの範囲が広くなっています。

ちなみに、おはしょりを含めた長さを「身丈」、含めない長さを「着丈(きたけ)」といいます。
つまり、小紋や訪問着などの長着は「身丈」、長襦袢などは「着丈」を使うことが多いです。

また、身丈の測り方は販売先によって若干異なります。肩から測る場合と背から測る場合があるのでどちらで測られているのか、気をつけて確認してください。肩から測るのと背から測るのでは3㎝弱サイズが変わってしまいます。

裄丈(ゆきたけ)

着物の裄丈

裄丈とは首の後ろの付け根から肩(背中側)を通り、手首のくるぶしまでの長さです。
測る際は腕を斜め45度ほどにおろして測ります。
約±3㎝以内であれば普通に着られる可能性が高いです。

前幅・後幅

着物の前幅・後幅

前幅、後幅はヒップサイズに関わります。
それぞれ前幅は脇の線から縫い目まで、後幅は背中の中心線から脇の線までを指します。
「前幅+後幅×2+15」の数字が、ヒップサイズと近いものを選ぶのが適切です。
この数字がヒップサイズより大きい分には着付けの際に調整ができますが、小さい場合にははだけてしまったりと綺麗に着ることができない可能性があります。
ジャストサイズが理想ですが、小さめよりは大きめを選ぶ方がまだ良いでしょう。

袖丈、袖幅

着物の前幅・後幅

袖丈は、最近のものでは49cm(1尺3寸)くらいのものが多いですが、ものによって短かったり、長かったりそれぞれです。
袖丈で気をつけなければいけないのは長襦袢の場合です。長襦袢の袖丈が短いと、着ているうちに着物から飛び出してきてしまいます。
着物と同じか、長襦袢がほんの少し(1cm前後)長いくらいが丁度良いでしょう。

袖幅についても同様で、長襦袢の方があまりに長いと、これも着物から見えてしまう原因になります。ただ、長襦袢もちらりと見せるのもおしゃれのうちですので、そこまで気にしなくて大丈夫です。

男性の着物サイズについて

男性物の場合は、おはしょりがなく、身丈=着丈であり、寸法は実際に着るサイズと同じになります。女性の場合と同じく首の付け根からくるぶしまでのサイズになります。
だいたい身長-25㎝くらいです。


ご自身のサイズがわかると実際に試着ができなくても購入することができますね。
今までネットでの購入に不安を感じていた方も、こちらを参考にぴったりの着物を選んでみてください。