着物レンタル店とは…?

着物を着た女性たち後姿

着物が似合う街並みの浅草や鎌倉、川越や京都といった街で着物体験をする方も増えていますよね。素敵な着物をきて、写真をたくさん撮りたいと考える方も多いのではないでしょうか。
そんな時に便利なのが着物レンタル店です。半日から一日着物をレンタルでき、着付けまでやってくれるのが嬉しいところ。
ですが、レンタル店によってサービスはさまざまです。
最近レンタル店が増えているからこそ、自分にぴったりのお店を選びましょう。

レンタル店の選び方

価格

着物レンタル店の相場は一日レンタルで5000~6000円ほどです。
2000円代など安いものもありますが、扱っている着物がペラペラだったり、着物と謳いつつ浴衣を提供しているなんていうお店も。
安く着物が楽しめるのは嬉しいですが、値段によって選べる着物が制限されてしまう場合もあります。
相場より著しく安いレンタルプランは避けましょう。
また、価格に含まれているサービス内容を確認しておく事も重要です。
着付け代が入っているかはもちろんですが、つぎのポイントも見てみてください。

  • 小物代が含まれているか
    – 襦袢や腰ひもなど着付けに使う和装小物は含まれていることが多いですが、バッグや下駄も含まれているでしょうか。
  • ヘアセットをやってくれるか
    – 凝ったセットもやってもらえるのか、制約がないかチェックしましょう。
  • ヘアアクセサリーがレンタルできるか
    – レンタル可能か、持ち込みOKでしょうか。
  • 手荷物を預かってくれるか
    – 預かってくれるところがほとんどですが、預かりNGの場合、コインロッカーの利用を検討しましょう。
  • 汚してしまった場合の保証があるか
    – 汚してしまった場合にクリーニング代が別途かかる場合があります。

などなどチェックしておくと安心です。

着物の種類

店内で着物を合わせる女性

お店のWEBサイトで扱っている着物の種類を見てみましょう。
ポリエステルの着物は洗えるので汚しても安心という利点もあり、着物での食べ歩きなどを予定している場合には適しているでしょう。
ですが、「着物を着ることが目的」なのであれば正絹の着物を扱っているお店をお勧めします。やはり正絹の着物は高級感があり、上品な印象の着物が多いです。
素材だけではなく、お店によって着物の系統は全く違います。

カラフルでモダンな印象な着物がお好みか、アンティーク風の着物が良いか、着物美人になれるような上品な着物が着たいか、一緒に着る方とイメージを合わせておくべきです。
いざお店に入ってみたら、着たいと思っていたような着物がないと悲しいですよね。
価格だけで選ばず、扱っている着物の素材や系統は重要視してみてください。

お店の雰囲気

振袖を着付け中の女性

お店の雰囲気はWEBだけではわかりづらいかもしれません。そんな時は、口コミを見てみるとよいでしょう。
お店によっては、観光客をターゲットにし、なるべく多くの方が着付けできるよう、流れ作業のように着付けを行っているお店もあります。
そのなかでも外国からの観光客向けのお店もあります。そういったお店は安くて魅力的ですが、きめ細やかなサービスとは言えない場合も。
きちんと着付けの経験が豊富なベテランの着付け師さんがいるのかどうかなども気にしておきたいですね。
一方で、一組ずつしか予約を受け付けていないようなお店もあります。
そういったお店では、プライベート空間で着物を選ぶことができるのでカップルなどにおすすめです。

お店の場所

着物を着て散策する女性二人

お店の場所は目的地から近いですか?着物を返却する時のことも考えて、目的地から近いほうが望ましいでしょう。
着物を着慣れない方は、帯の締めすぎで苦しくなってしまったり、下駄で靴擦れを起こしてしまう場合もあります。着崩れた場合にもすぐに直してもらえるように、できるだけ目的地から近いお店を選びましょう。
もしくは着付け店を決めてから目的地を決めてもいいですね。
どちらにしても、着物ではあまり遠くまで足を伸ばすのはお勧めしないので、事前にプランをきめておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
最近ではネットで予約することも多いかと思いますが、価格だけではなく、他の点も考慮したいですね。お店選びを失敗しない為にも、今回ご紹介したポイントを確認してみてください。