巧流-call-とは

巧流-call-写真

「巧流-call-」とは、2019年2月に兄・元山 巧大さん、弟・元山 誠也さんのおふたりが立ち上げた着物ブランドです。
元山兄弟は和裁士の家系で、伝統技術を守るためにも、現代的なデザインを取り入れた着物屋を始められました。
巧流の着物は、ファッショナブルなだけではなく、着付けの必要がありません。「粋ったDesignの”衣食住”」をコンセプトに、ルールにとらわれず楽しんで着られる着物を提案しています。

コロナで成人式がなくなった新成人に成人式をプレゼント!

巧流-call-写真

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響でさまざまなイベントが中止されていますが、2021年の成人式の中止も相次ぎました。
巧流は、成人式を新成人たちが周りの人たちに感謝を伝える大切な儀式であると考え、成人式をプレゼントすることにしたといいます。振袖のレンタルだけでなく、メイクさんやカメラマンの協力を得て、ヘアセット・撮影までプレゼントします。
そこで、着物の買取事業を行うバイセルも協力し、帯・帯揚・帯締め・草履などの小物類の提供を行います。
巧流では、今回のイベントの資金をクラウドファンディングで募りました。

巧流の元山兄弟にインタビュー

巧流-call-写真

巧流の元山兄弟に、成人式をプレゼントする企画を実施するにあたって、大変だったこと、新成人たちへの想いなどをじっくりお伺いしました。

このイベントを通じて笑顔で世界を明るく照らしてほしい

―今回のプレゼント企画「make it 成人式」についてお聞かせください。このプロジェクトはどのような想いで立ち上げられたのでしょうか?

我々の成人式の思い出はすごく今に繋がっており、友達との絆や、家族への感謝など、今思うと大変良い節目でした。そんな人生における一大イベントが中止になるというのは悔しすぎると思い、成人式をプレゼントしたいと考えました。
そして世界が暗くなっている中でも人と人が協力することで笑顔が生まれ、その笑顔が世界を明るく照らしてくれるということを、身をもって新成人の方へ伝えたいと思いました。

―プロジェクトを発表したときの反響はいかがでしたか?

みなさんの温かい心にすごく救われました。発表してすぐに多くの方から、応援や協力のお声をいただき、辛いときには人が助け合うことで多くの方の救いになると確信しました。

―どのような着付け師さん、ヘアメイクさん、カメラマンさんにご協力いただけるのでしょうか?また、バイセルが小物の提供を提案したときにはどう思われましたか?

着付師さん、ヘアメイクさん、カメラマンさんは全てプロの方へご協力いただきます。今回、正直相場より少ない金額しかお渡しできません。しかし、それに対して異議を唱える方はお一人もおらず、皆様利他の心を持つ素敵な方々です。
また、バイセルさんにご提案頂いたときは、本当にびっくりしました。『困ってる人を助けたい!』という気持ちが、小さな会社と大きな会社が手を取ってプロジェクトをするという、すごく美しい流れができました。これは、すごく素敵なことだなぁと思っていて、信念を持って挑戦している人の心の支えにに少しでもなればいいなと思いました。

―プロジェクトの準備で、大変だったこと、苦労したことがあれば教えてください。

やはり、緊急事態宣言中に開催するというところにすごく悩みました。ご参加頂く新成人にアンケートをとったところ、ほとんどの新成人は「延期しないでほしい」とのお声がありました。1番の安全策であれば、延期することだと思いました。ですが、一度中止になって、更に僕らの企画が延期となったら「また中止になるのでは?」と不安にさせたくないという思いがあり、非難の声があることを覚悟に開催する決断をしました。

巧流-call-写真

また、今回成人式の資金をクラウドファンディングで募りましたが、我々の発信力の低さに悔しくなりました。ただ、発信力が低いなかでも周りの方々にご支援頂き、本当に心が温かくなりました。
今後もこのような活動をしていきたいので、もっともっと発信力をつけていかなければいけないと思っております。

―今回のプロジェクトを通して、参加者の方々に何を感じてもらいたいですか?

今はコロナで世界が暗くなっていると感じています。その中でも、人と人が助け合うことで笑顔が生まれ、その笑顔が明るく照らしてくれることを感じてもらいたいです。
これから社会人となり、辛いことも楽しいこともたくさんあると思います。どんなに辛いときも自分だけではなく、他者を思いやり笑顔を迎えに行くことでどんなことでも乗り越えられるんだと、身をもって伝えたいです。

着物の需要を増やすために”着付け”という概念を無くす

巧流-call-写真

現代のセンスを取り入れた着物屋「巧流-call-」についても、お話を伺いました。

―「巧流-call-」というブランド名は、どのような想いでつけられたのでしょうか?

先人達が残してくれた日本の巧の技、知恵に、現代の感性を併せ、これからの時代の流れを作っていく企業で在りたいと想いを込めました。
また、”巧”とは我々の尊敬する職人である父の名前であります。職人を持続可能にしたい、そして初心を忘れないように、との想いも込めております。

―なぜ着付けのいらない着物を作ろうと思ったのでしょうか?きっかけを教えてください。

巧流-call-写真

着物の需要を増やすには、ファッション文化にすることが必須だと考えました。
そして「ファッションにするには”着付け”というものが大きな障壁になる。着付けという概念を無くそう」と考え、開発しました。

さいごに

―着物初心者の方が着物を楽しめるように、なにかアドバイスがあればお願いします。

着物は着方や柄など、堅くて古い伝統だと思っている方が多いと思います。でも、今のこの着物の文化はたった100年前後のものです。昔はもっと自由でファッショナブルな衣装でした。なので、着物は難しいものではなく、もっと自由に楽しんでいただきたいと思います。
洋服にガーリーやストリート、モードなど多くの種類があるように、着物にも多くの種類があっていい。我々がその文化を創っていきます。
着物には、着ると心穏やかになったり、人への思いやりが出たり、心からの自信がみなぎったりと不思議な力があります。是非それを多くの方に体験して頂きたいと思います。
着物がファッションになるよう、凝り固まった概念を覆していきます。

まとめ

巧流-call-写真

「make it 成人式」が行われるのは、2月19日から21日の3日間。60名ほどの応募者がいらっしゃるといいます。
いつもとは少し違う形ではありますが、巧流や協力してくれる人たちの想いがこもった「make it 成人式」で、新成人の方々が最高の思い出を創れますように。

また日本の伝統文化である着物を、今よりも多くの方が気軽に楽しめるよう、キモノビでも情報発信を続けていきます。

  • ◎巧流-call-

    ウェブサイト:http://call-kimono.com/

    住所: 東京都江東区清澄3丁目4‒10 春煌ビル2F

    TEL: 03-6458-8497