肌襦袢・半襦袢・長襦袢、その役割は?

干している襦袢

襦袢とは、和装用の肌着のようなもの。肌襦袢、半襦袢、長襦袢といった種類があり、それぞれ役割の違いがあります。

肌襦袢

肌襦袢とは、肌に直接ふれる和装下着のことです。 吸収力に優れた綿素材が一般的で、汗を吸い取ってくれる役割があります。

肌襦袢(とそのセットで使用する裾除け)は洋服でいうキャミソールとペチコートのようなものなので、この上にベースとなる「長襦袢」を重ねていきます。

肌襦袢も長襦袢も和装下着として、ひとくくりにされることがありますが、肌襦袢の方が下着に近い存在で、 長襦袢は洋服のインナーのような役割です。

半襦袢

半襦袢とは、肌襦袢の下着としての役割と、長襦袢の重ねとしての役割を両方兼ね備えたものになります。

肌襦袢であれば、長襦袢を重ねなければならないので、着物の下に二枚の襦袢を着なくてはいけませんよね。そこを半襦袢であれば、一枚で二役済ませることができるのです。

半襦袢は肌襦袢に半衿がついており、「半衿付き半襦袢」や「うそつき襦袢」とも呼ばれます。腰丈なので、肌襦袢と同様に裾除けとセットで身につけます。
そのうえから着物を重ねることで、長襦袢をきちんと着ているように見えるのです。

二枚重ねて襦袢を着るのが暑い夏場に重宝するので、汗を吸い取ってくれる綿素材のものが多いです。

長襦袢

長襦袢とは、肌襦袢のところでもご紹介しましたが、着物の下に着る薄い着物です。
着物を汗などの汚れから守る役割をしています。

また、この長襦袢に半衿を付けることで、まるで二枚の着物を重ねているかのように見せることができます。
洋服で言うインナーのような存在ですね。
そのため、肌襦袢や半襦袢と違って多少は見えても問題ありません。
袖口や裾、「振り」と呼ばれる袖付けから袖下までの開いた部分から、長襦袢をちらりと見せるのもおしゃれのうち。
この長襦袢を無難な白だけではなく、色付きの襦袢にすることで人とは一味違ったおしゃれに挑戦してみませんか。

シーン&着物別!襦袢の色の選び方

ブラウンの着物を着た女性

長襦袢の色はシーンあわせて選ぶ必要があります。

長襦袢は白一択!な着物

ミセスが着るフォーマル着物の代表格、留袖には白い襦袢を合わせましょう。留袖は結婚式等、格の高い催事、式典で着用しますよね。そのような場では色物を合わせることはNGです。光沢感のある正絹素材の紋綸子(もんりんず)、羽二重(はぶたえ)等が良いでしょう。柄は無地か、同色の地紋入りの長襦袢を合わせます。地紋には吉祥文様等のおめでたい柄行が好まれます。

また、喪服着物に合わせる襦袢も白一択となります。ここで言う喪服着物とは、通夜葬儀等に着用する黒無地染め抜きのこと。地色が黒一色で柄が入らず、両胸・両袖・背中の五ヶ所に家紋が入ります。
ここで注意したいのが長襦袢の柄。同色の地紋は入ってもOKですが、おめでたい柄行(吉祥文様)は絶対にNGです。無地が無難ですが、もし地紋がはいっている場合は着用前によく確認しましょう。

これ以外でも、フォーマルな場面では「迷ったら白」が鉄則です。
白の半衿は幅広いシーンで使えますし、きちんとして見えます。
訪問着や色無地であってもフォーマルな場では「白色」を選べば問題ありません。

色付きOK!でも淡い色が基本、な着物

未婚女性のフォーマル着物としての振袖に合わせる長襦袢は薄いピンクや水色・クリーム色といった淡い色(薄色)が基本です。特に結婚式などで着用する場合にはフォーマル寄りになります。
ですが、成人式の場合には、振袖を着るご自身が主役なので、最近では「色はなんでもOK」とされることも。

また、結婚式・入学式・七五三等のお祝いごとで着用する訪問着色無地には、薄く淡い上品な色が好ましいです。もちろん白でもOK。

自由に色合わせを楽しもう!な着物

無紋の色無地をややカジュアルなシーンで着る場合には色の規則はありません。
また、小紋木綿着物ウール着物といった普段着寄りの着物では長襦袢の色は自由!柄行も自由です。
小紋の場合には着物の柄を映えさせるために柄は控えめにする方も多いですが、紬の場合には小紋柄等の柄入り長襦袢を合わせて、コーディネートを楽しむことも。
普段着であれば、柄入り着物×柄入り長襦袢といった個性的な柄合わせも。
レース模様等の現代風の柄を取り入れてみるのも良いでしょう。

襦袢×着物のおすすめ色合わせ

重なった色紙

着物の色合わせって難しい…。そんな方は次の3つを意識してコーディネートしてみてください。

同系色でさりげなく

同系色でまとめるのは、和装小物の代表的な合わせ方のひとつです。
ここでは、着物のベースとなっている色でなく、着物の柄の中から一色拾うのがおすすめです。着物と帯の中間色をとるのも、全体にまとまりが出て良いでしょう。

おすすめ色合わせ
  • 黄色 × オレンジ
  • 紺色 × 水色

反対色でアクセントに

着物や帯とは反対色をとると、若々しく、引き締まった印象になります。
反対色とは、「色相環」といわれる色の関係図のなかで反対側にある色のことを指します。特に正反対にある1色は補色といって、互いの色を強調する効果がある組み合わせです。

おすすめ色合わせ
  • 紺色 × マスタードイエロー
  • 深緑 × 濃い朱色

トーン合わせで上級者見せ

色調や明るさを合わせることで、シンプルかつまとまりのある着こなしになります。ただ地味になってしまいがちなので、小物のうち、どれか1色目立たせてアクセントにするとよいでしょう。

おすすめ色合わせ
  • 茶色(ダークトーン)
    × ブラック(ダークトーン)
  • 薄紫(ペールトーン)
    × クリームイエロー(ペールカラー)

まとめ

帯揚げや帯締め、半衿はこだわっていたけれど、長襦袢はいつも同じだった…という方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介した色合わせを参考にして、色襦袢を上手に使いこなしてみてください。