帯結びに必要なもの

帯結びに必要なものは、基本的に以下の3つです。

①帯板:今回はゴムベルト付きを用意
②帯:半幅帯を使用
③クリップ:洗濯ばさみでも可

以下で帯結びの方法を詳しく解説していきます。

①帯板を装着する

帯板

帯板は後ろから付けて、前側でホックをかけてからずらします。

  • コメント
  • 夏は、通気性の良いメッシュ性の帯板がおすすめ!

    また、ゴムベルト付きとそうでないものがあり、初心者向きなのはゴムベルト付きの帯板です。

クリップ

クリップを前の衿に1つ付けておき、帯板を左に半分寄せます。

②手先をつくる

ここから帯結びに入ります。

今回は着物初心者の方も簡単につくれる、「リボン結び」のつくり方をお伝えします!

手先

帯結びに必要な長さの手先をつくります。

帯を手幅で測り、肩くらいまで半分に折り曲げます。

三角形

肩の部分に当てていた部分を両手で持ち、三角形をつくります。

詳しい作り方は以下の通りです。

三角形のつくり方

③帯を巻く

帯巻く

三角形を正面の真ん中につけ、帯板と重なっている部分をクリップで留めます。

クリップで留める

左手でクリップ部分の手先を押さえて、右手で帯の上を持って後ろに回します。

自分が反時計回りに回って背中に右手の拳がつくようにし、左手を後ろに回して持ってるところを持ち上げて帯を1周回します。

帯を上げる

伊達締めが見えないように帯をあげて、手先の下を通します。

帯を回す

右手で帯の下を持ち、左手で三角の角をしっかり持ちます。

右手で帯を真横に引くようにギュッと締めます。

このとき、下が締まるように締めていくのがポイント。

左手で正面の帯を押さえながら、また1周させます。

④帯を締める

帯を締める

1周目と2周目の帯が綺麗に重なるように合わせます。

2周目も1週目と同様、三角に指をひっかけて、右手で下を持って締めていきます。

右手はそのままで左手でクリップを外し、左側の下を留めます。

帯を折る

ここからがすこ~し難しいのですが…集中して頑張っていきましょう!

垂れ先の下部分を内側・真ん中に向かって折ります。

左手で上を持ち、右手で下を持って綺麗に折っていきます。

帯を引っ張る

右手で下から持ち、上の線を合わせながら押さえます。

右手でしっかり引っ張ります。

シワを伸ばす

左手で手先をひっくり返して、親指で上から押しながらシワをのばします。

ひと結びする

手先をたれ先の上に乗せ、下からひと結びします。

斜めにギュッと締めて、結び目の近くを下から持ちます。

⑤羽をつくる

右肩に置く

左が上になるように立てて、右肩に置いておきます。

折り返す

①右側に伸びている帯を開きます。

②開いた帯を左側に折ります。

③左の肩幅あたりまで来たら折り返して、真ん中部分は自分の右手で押さえます。

④右の肩幅あたりまで来たらもう1度折り返します。

  • コメント②
  • 帯がリバーシブルだと裏が見えてもOK!

    また、帯が長いときは③④を繰り返していったりきたりするだけで大丈夫です。

⑥帯の型をつくる

型をつくる

真ん中を右手人差し指で固定して、親指で押しながら山を作ります。

もうひと山つくる

右手中指で押しながらもうひと山作ります。

人差し指で固定していた真ん中をへこませ、上から強めに挟みます。

  • コメント③
  • 前から見ると唇のような見た目に!

真下に下ろす

作った山は左手で持って、右肩に置いてあった部分は右手で真下におろします。

下から通す 真上に引っ張る

山の根元に下から上に入れ込み、右手で固定しながら、左手で真上に引っ張ります。

帯の先を入れる

自分の帯板と帯の間に、帯の先を上から入れます。

真下に引く

上から入れた帯を下から抜いてしっかり真下に引きます。

真下に引いた帯を開きます。

内側に巻く

先の方からくるくると内側に巻いていきます。

胴巻きの中(帯板と帯の間)に入れます。

バランスを整える

左右のリボンのバランスを整えます。

  • コメント④
  • リボンが2枚重なっているときは、2枚綺麗に見えるように整えましょう。

    (長い帯を使ってリボンが3枚になるときは、全て整えましょう)

⑦帯を整える

袂を乗せる

クリップを衿につけて、袂(たもと)が邪魔にならないよう両袖に乗せておきます。

右脇まで回す

左手で左脇にある帯板と帯を一緒に持って、右手で結び目を右の脇の下まで回します。

別々に持つ

帯板が真ん中にきているので、帯と帯板を別々に持ちましょう。

帯だけを後ろまで回します。

帯板ごと下に押す

帯は上に上がりやすいので、上から帯板ごと下に押します。

下の伊達締めが見えないように、帯の下線を前から後になぞって、少し上に上げるようなイメージで整えます。

⑧着物を直す

着物を直す

帯を回して崩れてしまった着物を直します。おはしょり線を手の腹を使って、真下から横に引っ張りながらシワを伸ばします。

シワを取る

右の帯の下から左の指を入れて、左に向かって指をずらしてシワを取ります。

後ろも真ん中の縫い目から左右に流します。

背中のふくらみを取る

背中の帯上のふくらみは、帯下に引っ張って伸ばします。

完成写真

完成写真

リボン結びの完成です!かわいい!

帯のアレンジ

アレンジ

外側の帯の上と下を折るとお洒落な印象に♪

全身写真

自分でできる着付けの方法を知りたい方は、こちらのサイトも参考にしてみてくださいね。

着付け初心者でも簡単!自分でできる着付けレッスン【着物編】

おわりに

いかがでしたか?もちろん先生から手順ごとに優しく教えていただきましたが、着付け初心者の自分が、ここまで綺麗に帯を結べると思っていませんでした。

帯を結ぶ機会がなかなかないという方も、今年の夏、浴衣を着る際に半幅帯で実践してみてはどうでしょうか?

最近浴衣セットなどに多い付け帯ではなく、自分でちゃんと帯を結んで、周りと差をつけちゃいましょう!

  • ◎きものこころね

    ウェブサイト:http://kk-kokorone.com/

    住所: 杉並区上高井戸1-22-4-601
      (芦花公園駅から徒歩4分)

    TEL: 090-5623-5839