袷着物ってどんな着物?

袷着物

袷着物は、10月から翌年の5月までの、比較的暖かい時期以外に着られる着物です。胴裏(どううら)と八掛(裾回し)と呼ばれる裏地がついています。

胴の部分に胴裏があることで、保温効果があり、寒い時期でも快適に過ごせます。また滑りにくい生地を使用しているので、着物の着崩れを防ぐことができます。八掛は、裾の裏や袖口についており、着物の表地の保護や、歩きやすくする役割があります。

正絹着物とは?

袷着物の素材には、絹・木綿・ウール・麻・ポリエステルなどがあります。中でも絹は古くから着物の素材として使用されていたこともあり、紬や小紋のような普段着として着られる着物や、着物の中に着る長襦袢だけでなく、訪問着や振袖などの格の高い着物、さらに帯にも使用されています。

正絹(しょうけん)着物とは、絹100%の素材の着物のことで、袷着物の中でも、特に高級な着物として重宝されています。次で正絹着物の長所と短所を見ていきましょう。

正絹着物の長所

  • 着心地が良く着付けしやすい
  • 保温性・保湿性・通気性が高い
  • 光沢や艶がある
  • 紫外線をカットしてくれる
  • 正絹着物の短所

  • 洗濯機で洗えない
  • 水に濡れると縮む
  • 摩擦に弱くデリケートな繊維
  • 日光を吸収するので変色しやすい
  • 正絹の袷着物を着た後のお手入れ方法は?

    次に、正絹着物の特徴を踏まえたうえで、着用後のお手入れ方法についてみていきましょう。

    手順①:晴天の日に風通しの良い場所で干す

    手順①

    着用後の着物は、脱いだ状態で長時間放置すると、体温や湿気でカビの発生や、汚れによる劣化につながりやすいです。脱いだ後は、必ず着物を干してからしまいましょう。

    着物は晴れた日に、湿度40%室温20℃~23℃くらいの、通気性の良い場所に、和装用ハンガーにかけて干すのがおすすめです。また着物の生地は、直射日光の当たると日焼けして傷んでしまうので、干す場所は日の当たりにくい場所にしましょう。

    正午を挟んだ、午前10時から午後3時の、4時間程度干しておくのがベストですが、忙しい時は最低2時間は干して乾燥させます。

    袷着物は、表地と裏地の重さの違いで、長時間干したままにすると、裏地が型崩れしてしまいます。型崩れした着物は、着用時に着付けしづらくなってしまうことがあるので、1日以内にはたたんでしまいましょう。

    手順②:汚れをチェック

    手順②

    着物を干して湿気を取り除いたら、和装用ハンガーにかけた状態で、着物についたホコリやゴミを取り除きましょう。

    ホコリの落とし方

    ●用意するもの
  • 着物専用のブラシ(または毛先が柔らかめのブラシ)
  • コットンパフ
  • 木綿のタオル
  • 汚れをチェックする箇所

    汚れチェック

  • 袖口:汗や皮脂が付きやすい箇所です。内側もホコリがついていないかチェックしましょう。
  • 衿(衿山・衿下):首回りの汗やファンデーションの汚れなどが付きやすいので、必ずチェックしましょう。
  • 裾:歩いた時の砂や泥などの汚れが付きやすい箇所です。
  • 上前:食事をした時などの汚れが付きやすい箇所です。
  • 正絹着物は摩擦に弱いので、きず刺繍や箔の部分のホコリを落とすときは細心の注意を払いましょう。こすらず、やさしく拭うように落とすのがポイントです。

    シミの落とし方

    正絹着物の汚れやシミは、基本的に着物専門店に落としてもらうのが安心ですが、衿や袖口のあまり目立たない汚れであれば、以下の落とし方を参考にしてみてください。

    ●用意するもの
  • ベンジン(またはリグロイン)
  • タオル2枚(木綿の布やガーゼなどの柔らかめのタオルがおすすめ)
  • 汚れの落とし方

    1.着物の下に木綿の布かタオルを敷きます

    2.木綿の布かタオルにベンジン(またはリグロイン)をつけて、軽く叩くように下のタオルに汚れを落とします

    こすると生地が傷んでしまうので、優しく叩きましょう。

    3.汚れを落としたら、自然乾燥させましょう

    手順③:シワが目立つ箇所にアイロンをかける

    シワ

    着物の汚れを落としたらシワをのばします。着物の生地が変色してしまう恐れがあるので、アイロンの使用には細心の注意を払いましょう。小さいシワなら陰干しや、畳んでしまうことで自然に伸びることもあるので、陰干ししても取れなさそうな、目立つシワがある場合のみアイロンを使用しましょう。

    ●用意するもの
  • アイロン(スチームアイロンではなくドライアイロン設定にできるもの)
  • アイロン台
  • 霧吹き
  • あて布(30~40cmくらいの白い薄手の木綿)
  • シワの伸ばし方

    1.シワがあるところをアイロン台に置きます

    2.あて布に霧を吹きます

    絹は水で縮みやすいので、霧吹きの水が直接着物にかからないようにしましょう。

    3.霧を吹いたあて布をシワの上にあてて、アイロンをかけます

    絹は水に弱いのでスチームアイロンは厳禁です。アイロンをかける時は、布の繊維の目に合わせて、すばやく小刻みにかけるのがポイントです。設定温度は中温(130℃~150℃くらい)だと、生地を傷めずにシワを伸ばせます。

    4.熱を完全に取ります

    正絹着物はどうやって保管する?

    着物の湿気を取ってシワを取ったら、丁寧に畳んで保管します。次に保管の流れを詳しくお伝えします。

    手順①:着物をたたむ

    たたむ

    着物をしまう時には、袖の中にものが入っていないか確認してから、折り目に沿って長方形になるようにたたみます。刺繍や箔が施されている部分は、白布や和紙を間に挟んで保管すると、変色や箔落ちを防ぐことができます。

    手順②:着物をたとう紙で包む

    たとう紙

    正絹着物は湿気を吸収しやすく、カビが発生しやすいので、たとう紙に包んで収納しましょう。値段は1枚100円くらいのものから2,000円ほどのものまであり、高価なものほど吸湿性が高いものが多いです。

    たとう紙に着物の写真や名前シールなどを貼っておくと、中身を確認する手間が省けるのでおすすめです。たとう紙は約2~3年で新しいものに交換して、着物を綺麗な状態に保ちましょう。

    手順③:適切な保管場所で収納する

    保管

    正絹着物の保管場所は吸湿性が高く、虫がよりにくい桐ダンスが最適とされることが多いです。風通しがあまり良くない、スチール製・プラスチックの収納ケースは、風通しが良くなく、カビが発生しやすいので、なるべく避けましょう。

    スチール製のものを使用する場合は、直射日光が当たらないようケースに入れるなど工夫が必要です。またプラスチックの収納ケースを代用する場合は、除湿シートをケースの中に敷くなどの対策が欠かせません。

    タンスにしまうときに気を付けることは?

    ポイント①:上段の引き出しに大切な着物を収納する

    タンスは下段に湿気が溜まりやすいので、大切な着物や高価な着物は、上段に入れると安心です。また、引き出しの底に白木綿を敷き詰めて、互い違いに着物をしまうことで、型崩れや汚れ防止につなげることができます。

    ポイント②:着物は無理に重ねすぎない

    着物は何枚も重ねると湿気がこもりやすくなるだけでなく、型崩れしてしまうこともあるので、重ねるのは4枚程度までにしましょう。

    ポイント③:着物と帯は同じ場所に入れない

    大きさが異なるものを一緒に収納すると、型崩れやシワにつながることがあるので、着物と帯はそれぞれ別の場所にしまいましょう。

    ポイント④:防虫剤などの薬剤は1種類のみを使う

    正絹着物を湿気や虫食いから守るために、除湿剤や防虫剤は欠かせません。防虫剤や除湿剤は複数のものを使用すると、化学反応が起きて、着物が変色してしまうことがあります。そのため、1つの引き出しに1種類だけを使いましょう。

    防虫剤は、引き出しの4隅の着物に直接触れない場所に入れます。使用する薬剤の交換時期をチェックして、近くなったら同じ種類の新しいものに交換しましょう。

    手順④:定期的に虫干しする

    虫干し

    正絹着物は、着物を良い状態で保つために、必ず虫干しするようにしましょう。定期的に虫干しすると、着物の湿気を取り除き、カビや汚れを防ぐだけでなく、虫食いなどから着物を守ることができます。

    なかには虫干しを代行してもらえる着物専門店などもありますが、虫干しは着物初心者の方でも気軽にできるので、なるべくご自身で行うことをおすすめします。

    虫干しの適切な時期

    虫干しは、年に3回行いましょう。特に梅雨の湿気を取り除くために最適な7月~8月や、空気が乾燥しやすい10月~11月、1年で最も湿度が低いとされる1月~2月に虫干しするのが一般的です。

    虫干しする際の注意すべきことは?

    虫干しは、午前10時から午後3時までの気温が高くなる時間帯に、4時間程度干すことをおすすめします。また、虫干しする日は、なるべく前後2日が晴れ予報の日を選びましょう。タンスの湿気を全て取り除くために、1日で全ての着物の虫干しを行うのが理想です。

    複数回に分けて行う場合は、虫干しした着物に湿気がうつってしまわないように、他の引き出しを開けておくなど、少しでも湿気を取り除く工夫が必要です。

    虫干しの仕方

    1.着物を和装用ハンガーに1枚ずつかけます

    2.着物に直射日光が当たらない、風通しの良い部屋で陰干しします

    窓を開けて空気を入れ替えながら干すとより効果的です。

    3.着物を包んでいたたとう紙を同じ部屋に干します

    4.着物をしまっていたタンスやケースを掃除機やふきんで綺麗にします

    掃除したらしばらくは開けたままにして、湿気を取り除きましょう。 ふきんで掃除する場合は、乾拭きにしましょう。

    5.干し終わったら、着物についているホコリなどのゴミを、着物専用のブラシなどを使用してやさしく取り除きます

    6.着物にカビや虫食い穴などがないかをチェックします

    7.着物に問題がなければ、着物をたたみ、たとう紙に入れて収納します

    8.防虫剤や除湿剤の期限が過ぎている場合は、新しいものに交換してタンスに入れます

    おわりに

    いかがでしたか?袷着物の中でも特に高級で、デリケートな素材の正絹着物。適切なお手入れの仕方や保管方法を知っておくことで、大切な着物を少しでも長く綺麗な状態に保つことができます。ぜひ美しい着物を長く着続けるために、実践にしてみてくださいね。