歴史

まずは、袋帯と名古屋帯がつくられた歴史を見ていきましょう。

column_fukuronagoya01

袋帯

袋帯の誕生には様々な説がありますが、「丸帯」よりも簡単に締められる帯として考案され、昭和時代から徐々に一般化したという説が有名です。丸帯は、江戸時代から正装の際に締められてきた豪華な帯ですが、袋帯よりも重く、素材も分厚いため一人で結ぶのが難しかったようです。そんな丸帯の代わりとなった帯が袋帯でした。丸帯は両面に帯地がついていますが、袋帯は裏面が無地になっているので軽くなっています。その他にも、戦後に物資が不足していたことで、帯をつくる原材料を節約するために、片面だけに帯地がついている袋帯が誕生したという説や、毎日丸帯を締める舞妓さんのことを考えて考案されたという説もあります。

名古屋帯

名古屋帯は、大正時代に名古屋女学校の創立者である越原春子氏が、アイデアを考案したことをきっかけに昭和初期につくられた帯です。大正時代は女性の社会進出が進んだ時代として知られていますが、洋風文化に影響を受ける前は、ほとんどの女性の普段着が和服でした。女学校開設の準備に追われていた越原氏は、少しでも早く簡単に締められる帯を考案しました。越原氏が考案した帯は彼女の周囲の人間には受け入れられなかったものの、呉服店の店員がその帯に目を留めて商品化したところ、瞬く間に有名になりました。「名古屋帯」という名前は、当時の地名と名古屋女学校にちなんで呉服店の店員によって命名されました。


どちらの帯にも共通しているのは、女性の社会進出の歴史が誕生の背景にあり、女性の生活をより便利にするためにつくられたということですね。

長さ・形

次に、袋帯と名古屋帯の長さと形の違いを詳しく解説します。

column_fukuronagoya02 column_fukuronagoya03

袋帯

袋帯の長さは、全長約4.0m~4.5mで、幅は約30cmとなっています。また形は、表と裏の帯地が輪になる袋状の形をしています。

名古屋帯

名古屋帯の長さは、全長約3.3m~3.5mで、仕立て前の帯幅は約35cm(後ほど説明する八寸名古屋帯の幅は約30cmです。)となっています。手先の幅はお太鼓の幅の半分の幅になっています。形は仕立て方で2種類あり、上の写真のように胴に巻く手先の部分がお太鼓の部分の半分の幅になっています。

仕立て方法

次に、名古屋帯と袋帯の仕立て方の違いについて説明します。

袋帯

袋帯は仕立てる時に織り方によって、下記の3種類に分けられます。

column_fukuronagoya04 本袋仕立て

袋状に織られている仕立て方です。本袋仕立ての袋帯は非常に高度な技術を要するので、高価なものとなっています。縫い目が少なく、生地が薄いので軽量で締め心地が良いのが特徴です。

縫い袋仕立て

2枚の帯地を織って、両端を縫い合わせた仕立て方です。現在はほとんど袋帯がこの仕立て方です。

片縫い袋仕立て

2枚を織って16寸幅に織り上げてから真ん中を折り、片側だけを縫い合わせた仕立て方です。

名古屋帯

名古屋帯は仕立て前の帯の幅によって2種類に分けられ、仕立て方が異なります。

九寸名古屋帯
仕立て前の帯幅約35cm
帯芯あり
生地の厚さ薄い
定番の仕立て方名古屋仕立て
大正時代に考案され、昭和時代から使用されたといわれています。仕立て前の帯幅が大きいのは、着物を着る人に合わせて帯の端を折って仕立るためです。
八寸名古屋帯(袋名古屋帯)
仕立て前の帯幅約30cm
帯芯なし
生地の厚さ厚い
定番の仕立て方松葉仕立て
仕立て前の帯幅は袋帯と同じ幅で、長さや模様は名古屋帯です。帯巾の耳を部分をかがって使用するので「かがり帯」とも呼ばれています。

名古屋帯の仕立て方は下記の2種類に分けられます。

column_fukuronagoya05 名古屋仕立て

胴の部分を半分に折って仕立てる方法です。松葉仕立てよりも折ってある部分が長く結びやすい一方、形が特徴的なので畳みにくいです。

松葉仕立て

手先を半分に折って仕立てる方法です。手先が半分に折ってあるので着装しやすいですが、名古屋仕立て同様、慣れていないと畳みにくいかもしれません。

まず、帯の柄付けは3つに分けられます。

column_fukuronagoya06 全通柄

帯の表面全体に柄がついている帯のことです。全通柄は帯の結び方に左右されないので、複雑な結び方をする場合に使用されることが多いです。柄が華やかなものは無地の着物に合わせやすいです。

六通柄

表裏面の6割に柄がついている帯のことです。手先に柄があるものとないものがあります。また「中無地」と呼ばれる、着装時に隠れる無地があるのが特徴です。中無地は胴の1周目にくるので柄は隠れ、太鼓姿は全通柄とほとんど同じ見た目になります。

お太鼓柄(ポイント柄・とび柄)

柄がお太鼓と胴の部分にのみついているものです。結び方はお太鼓結びのみなので帯を着まわししたい方にはおすすめしませんが、柄が少なくシンプルな見た目なので幅広い着物と合いやすい柄です。


次に、袋帯と名古屋帯はどの柄が使用されるのか見ていきましょう。

袋帯

袋帯は主に六通柄のものが使用されています。中無地があるため全通柄よりも軽く、お値段も比較的安くなっています。中にはカジュアルなシーン向きのお太鼓柄の袋帯もありますが、正装用の袋帯は六通柄が主流です。

名古屋帯

名古屋帯はお太鼓柄が最も着物に合わせられますが、全通柄や六通柄の帯も豊富なので様々な結び方に対応可能です。着物が無地の場合は、柄が華やかな全通柄や六通柄がおすすめです。

結び方

次に袋帯と名古屋帯の結び方の違いについてお伝えします。

袋帯

二重太鼓

column_fukuronagoya07

袋帯は、二重太鼓が最も主流な結び方となっています。二重太鼓(にじゅうだいこ)は、太鼓の部分が二重になっており、一重太鼓よりも格が高い結び方とされています。名古屋帯よりも長めにつくられているのは太鼓を二重にするためです。この二重には、良いことやおめでたいことがあったときに「良いことが重なるように」という意味が込められています。また、留袖や訪問着などの正装用の着物に合わせられることが多いです。

名古屋帯

一重太鼓

column_fukuronagoya08

名古屋帯は、主に一重太鼓(お太鼓結び)で結ばれることが多いです。一重太鼓(いちじゅうだいこ)は、着物に合わせる結び方の最も基本の結び方です。名古屋帯が考案されてから瞬く間に人気の結び方になり、現在も小紋や紬などの普段着に合わせられています。また、一重太鼓は不幸があったときに「悪いことが重ならないように」という意味が込められています。

銀座結び

column_fukuronagoya09

名古屋帯には、銀座結びというカジュアルな結び方もあります。銀座結びは、名古屋帯を銀座のホステスの女性が角出しにアレンジしてその名が付けられました。結んだ時の帯の見栄えから帯の種類は全通柄か六通柄が好ましく、カジュアルなシーンでちょっとしたお洒落をしたい時におすすめです。

使用する場面・合わせられる着物

最後に、袋帯と名古屋帯を使用するシーンと、合わせる着物について解説します。

column_fukuronagoya10

袋帯

袋帯は基本的に正装用の帯なので、結婚式で着られることが多い「留袖」や、成人式の時の「振袖」に合わせます。また「訪問着」や「色無地」、「付け下げ」などの礼装として着られる着物に締められることが多いです。。最近はカジュアルな柄の袋帯も増えているので、幅広いジャンルの着物に合わせやすくなってきています。

名古屋帯

名古屋帯は九寸名古屋帯が最も人気な帯で、お茶会や習い事などのちょっとしたお出かけの時に、「小紋」や「紬」に合わせられることが多いです。八寸名古屋帯は普段着で着られることが多い「木綿」や、夏の「浴衣」などで使われることが多くなっています。また名古屋帯は葬儀の時に、「喪服」の色に合った名古屋仕立ての名古屋帯が使用されるのが一般的です。

おわりに

いかがでしたか?袋帯と名古屋帯は、つくられた起源や形、使用する場面など様々な違いがあります。帯の種類によって、使う場面や人に合わせて細かい工夫が施されているんですね。着物を着る時は、それぞれの帯の特徴を知ったうえで使い分けてみてくださいね。